さわらの幼魚?さごしとは?安くておいしい家計の救世主♩

「さごし」という名前の魚の刺身や切り身をスーパーで見かけてたことはありませんか?本日はこの聞きなれない「さごし」に関していろいろと学んでいきましょう!学んだあとはさごしが食べたくなるかも!!

鮮魚コーナーで刺身で売ってるさごしってなに?

スーパーの鮮魚コーナーで販売されている「さごし」。マグロや鯛などおなじみの魚が並ぶなか、「さごしって何?」と思う方も多いのではないでしょうか。

なかには気になるものの、正体がよく分からないから手にしないと食わず嫌いをしている方もいるにではないでしょうか。

今回は、そんなあまり聞きなれない「さごし」という魚についてご紹介します。実はこのさごし、お値段も手ごろで売っていますので買わないと損!刺身や焼き物だけでなく揚げ物まで、どんな調理方法でもOKなお魚です。さごしとさわらの違いから食べ方まで、みなさんの疑問にお答えします!

さごしとさわらの違い

さごしはさわらの幼魚

さごしとは、さわらが成長する前の幼魚のことを言います。春から初夏にかけて旬を迎えるさわら。塩焼きや西京味噌焼きなど旬のさわらはほのかに甘みさえ感じられ、とてもおいしいですよね。関西ではよく食卓にも出てきますが、関東ではさわら自体もあまり見ないので、さごしとなるとなおさら未知の世界ですよね。

さごし、さわらともにスズキ目サバ亜目サバ科サワラ属の魚です。ブリ、スズキ、ボラなどと同じで成長に伴って出世するようにと名前が変わる出世魚です。ちなみに出世魚は縁起がいいと言われ、西日本ではさわらはお祝いの席などに出てくることもあります。

さごしとやなぎとさわら

上記で、さごしはさわらの幼魚で、さわらは出世魚だということが分かりました。成長に伴い、「さごし」→「やなぎ」→「さわら(鰆)」と一般的には呼ばれています。地域によってはさわらより大きなものをさらに分けて言うところもあります。

さわらは全長1mで体重4.5kg。やなぎは70cm、さごしは50cm程度までの若魚がこれに該当します。
ちなみにさわらの上はヨコシマサワラ→ウシサワラと呼びます。その大きさは全長1.5mで60kg。ウシサワサワラになると、全長2mで90kgです。こんなビックサイズにさわらが成長するとはびっくりです!イワシやさんまをエサにし、どんどん大きくなっていきます。

さごしとさわらの違い

さごしとさわら。大きさの違いということはわかりましたが、味や適した調理法に違いはあるでしょうか?結論から言うと、大きな違いはサイズだけです。強いて言えばさわらに近くなるほど脂がのってくるということぐらいでしょうか。それ以外、適した調理法や味わいは同じです。淡白でいながら、ほろっとする甘みがあり、クセにない味わいは幅広いジャンルの料理に使用できます。

刺身、焼き魚、揚げ物などどれも合う!お値段は小さい分さごしの方が安くなっています。

さごしのおすすめの食べ方

では、次にさごしのおすすめの食べ方とレシピをご紹介します。どれも簡単にできるものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

刺身

身がたんぱくな風味なので、まずは刺身が合うレシピとなります。
身が少し崩れやすいので、自分で調理するのは相当熟練の技が要ります。刺身になったものを買ってくるのが正解ですね!
また関西では押しずしの具に使われるます。酢漬けにして関西文化である押しずしのネタにすることもあります。押し寿司を作るのは大変ですが、手巻き寿司パーティーの具にもいいかもしれません。
また刺身をカルパッチョなどにするのもオリーブオイルとよく合います。
身が少し崩れやすいので、自分で調理するのは相当熟練の技が必要です。刺身になったものを買ってくるのが正解ですね!関西では押しずしの具に使われるます。酢漬けにして関西文化である押しずしのネタにすることもあります。押し寿司を作るのは大変ですが、手巻き寿司パーティーの具にもいいかもしれません。

さらに、オリーブオイルを効かせ、刺身をカルパッチョにするのもよく合います。こちらではさごしのカルパッチョレシピをご紹介します。カルパッチョでマリネするとサゴシの生臭さが消えてクリーミーな触覚・甘味が楽しめるオシャレな一品に仕上がります。ワインやチーズとの相性も抜群です。

焼き物

淡白な味わいのさごしは塩焼きはもちろん、味噌漬けやオリーブオイルでパリッと焼いて洋風仕立てに仕上げるのもおすすめです。ちなみに、関西では白味噌で西京焼きにしていただくのが一般的。白みそが上品な味を醸し出します。

オリーブオイルでカリッと焼いたさごしを香りのよいマッシュルームソースでいただきます。白ワインを効かせることでふんわり華やかに。にんにくの風味が食欲をそそります。

竜田揚げ

淡白な味わいのさごしは揚げ物にしていただくのもおすすめです。下味をつけて竜田揚げはお酒も進みますよね!また塩味でムニエル風にし、ソースでいただくのもリッチな味わいが楽しめます。

こちらではフライパンで簡単に作れるさごしの竜田揚げレシピをご紹介!フライヤーで揚げるのは準備も後片付けも大変ですが、フライパンを使うことで後片付けも最小限に。
塩コショウや醤油で下味をつけて片栗粉を薄くまぶしたら、フライパンに多めの油を入れて揚げ焼きしていけば出来上がり。たくさん作って、お弁当に入れるのもいいですね。また南蛮漬けにするのもいいかもしれませよ!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう