ライター : uni0426

作ることも食べることも大好きな2児の母です。 朝ごはんを食べながら、もう昼ごはんのことを考えているような食いしん坊(笑)。 できるだけ添加物などを避けた料理をしています。 梅干…もっとみる

メルルーサとは?

メルルーサは、タラ目メルルーサ科である10種類ほどの魚の総称。南米やアフリカ、ニュージーランドの沿岸などで獲れる深海魚です。水深200m~400mの大陸棚周辺に生息しており、7月~12月頃が旬といわれています。 見た目は前後に細長いひし形をしていて、スズキに似ています。大きくとがった口が特徴的。皮の色は黒っぽい灰色をしており、身には茶褐色の斑点があります。大きなものになると1m〜2mほどのものもいるんだとか。日本では馴染みのない名前の魚ですが、ヨーロッパでは日常的に食べられています。

お惣菜の白身魚フライはメルルーサ?

メルルーサなんて聞いたことがない……という人も、実は知らないうちにメルルーサ を食べたことがあるかもしれません。スーパーやコンビニで売られている、お惣菜やお弁当の白身魚のフライはメルルーサであることが多いそうなんです! 1960年代半ばに、メルルーサの切身が冷凍で日本にも輸入されるようになり、ほかの白身魚に比べると安価であることから学校給食や外食産業で使われるようになりました。知らぬ間にメルルーサを食べていた人はきっと多いでしょうね。

気になるメルルーサの味は?

白身魚であるメルルーサは、淡白な味でタラに似ています。タラに比べると繊維の細かい身が特徴です。どんな味付けとも合うので、和洋中のアレンジがきく味でしょう。 フライやムニエルなどはもちろん、炒め物や鍋などにしてもおいしくいただけますよ。しかも骨が少ないのでお子さんでも食べやすいという特徴もあり、とても万能なお魚なんです♪

メルルーサを食べたいときは……

そんなメルルーサですが、スーパーではなかなか売られていないよう。冷凍の切身で販売されることがほとんどなので、大きなスーパーの冷凍コーナーに置かれていることもあるかもしれません。スーパーで手に入らないようならネットで購入することもできます。100g250円程度が相場のようなので、気になった方はぜひ購入してみてくださいね。

メルルーサを使ったおすすめのレシピ5選

1. メルルーサのオーブン焼き レフリートソースがけ

ディナーにもってこいのひと品が、こちらのオーブン焼きです。刻んだパセリをまぶしたメルルーサをオーブンで焼き上げます。にんにくと赤唐辛子、オリーブオイルで作るレフリートソースをかけて召し上がれ。

2. メルルーサの香草パン粉焼き

ローズマリーとセージを衣に混ぜて、サックリと揚げれば白ワインに合うおかずの完成。ハーブの香りがふわっと広がる、とってもおしゃれなひと品ですよ。パンに挟んで、フィッシュサンドにアレンジするのもおすすめ♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS