おでんに合うおかずは?タイプ別の献立7提案

おでんを作るとき、献立に悩みませんか?今回は、あっさり・ヘルシー・簡単など、シーンによって使い分けできる、おかずや副菜のオススメの組み合わせをご紹介します。これを見ればもう献立に迷うことなし!ぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年9月27日 更新

3. 【うどん】具沢山おでんうどん

おでんと一緒にうどんを入れて同時に楽しんでも良いですし、おでんの具がなくなったあと、〆として食べてもOK! 冷凍うどんを使う場合はレンジで温めた麺を、ゆで麺を使う場合はそのまま投入するだけで作れます。少し煮込んでから食べると、ダシの旨味が染み込んでおいしくなりますよ。

晩酌にも。おでんに合うおつまみレシピ

1. 野菜の生ハム巻き

休みの前の日は、おでんをつまみにゆっくりとお酒を楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。お酒のあてがひと皿ではさみしいので、合わせて作りたい3つのレシピをご紹介します。 まずは、野菜の生ハム巻き。細切りにした野菜を生ハムで包み、手作りドレッシングをかければ完成です。シャキシャキ野菜と生ハムの塩味が絶品なんですよ。

2. 厚揚げのエビマヨ焼き

簡単なのにボリュームがあり、ビールにとっても合う一品!厚揚げに干し桜エビ、マヨネーズ、みそを混ぜたものを塗り、トースターで焼き色がつくまで温めてできあがりです。 桜えびとみその香ばしい香りが、なんとも食欲をそそります。ビールや日本酒と合わせて作ってみてくださいね。

3. カボチャとジャガイモのお焼き

レンジで蒸かしたジャガイモとカボチャを使ったお焼きです。モチモチのお焼きは、どこか懐かしさを感じる優しい味。レシピにはありませんが、チーズ入りで作ってもおいしく仕上がります。大人にはおつまみ、子どもはおやつ感覚で食べられるのが魅力です。

おでんの日の献立、もう迷わない!

おでんだけでもボリュームはありますが、おかずや副菜を合わせることで、バランスの良い献立を作ることができます。 組み合わせのポイントは、おでんでは食べられない食材を意識して取り入れること。たとえば葉野菜や生野菜、お肉、魚など。今回は、タイプ別に選べる7種類の組み合わせをご紹介したので、その日の気分に合わせてチョイスしてみてくださいね。
▼おでんのレシピはこちらをチェック!
▼2日目は違う姿で堪能しよう!

特集

FEATURE CONTENTS