ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

野菜と魚を同時に味わえる。鮭の粕汁

調理時間:25分(※下ごしらえの時間は含みません)

手軽に作れてボリュームのある汁物が飲みたい。そんなときにピッタリなのが、鮭の粕汁です。鮭のほかに彩りのよい野菜もたっぷり使うので、野菜と魚を同時に味わうことができます。たくさん夕食に作っておいて、翌朝の朝食にも使えますよ。
【レシピ提供 macaroni】

具材でアレンジ。粕汁の人気レシピ5選

1. いろいろな食感を楽しもう。野菜たっぷりの粕汁

粕汁は肉や魚を入れなくてもおいしく作れます。野菜のほかに、油揚げやこんにゃくを加えれば、いろいろな食感が楽しめますよ。油揚げを入れる際は、必ず油抜きをしてくださいね。お好みで一味唐辛子をかけると、辛味がアクセントになります。

2. 根菜もたっぷり。鶏肉の粕汁

大根やにんじんなどの根菜をたっぷり使う粕汁です。鶏もも肉を加えるため、食べ応えも十分。肉を入れるとアクが出てくるので、しっかり取り除きましょう。ゆずの皮をのせると、香りよく仕上がりますよ。

3. 満足感あり。豚肉の粕汁

粕汁は豚肉を入れてもおいしいです。酒粕を加えることで、豚汁とはひと味違う味わいが楽しめます。ボリュームがあるため、忙しい日のひと品にもピッタリですよ。お手頃価格な豚こま肉でおいしく作れるのも、魅力ですね。

4. アラでもおいしい。ぶりの粕汁

スーパーで安く手に入るぶりのカマを使う粕汁。ぶりのカマは、塩を振り、出てきた水気をふき取ってから使いましょう。このひと手間で、生臭くなりません。厚揚げやちくわを加えることで、煮物のようにボリュームのある粕汁が完成しますよ。

5. 大根おろしで食べる。あっさり粕汁

大根おろしが決め手の粕汁です。具材には、さばや根菜を使うためボリュームもあります。濃厚なイメージのある粕汁も、仕上げに大根おろしと大葉をのせることで、さっぱりとした味わいに。いくらでもおかわりできそうですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ