楽ちんさくふわ衣のコツはこれ!「フリッター」の人気レシピ17選

子供から大人まで人気のメニュー、フリッター。みなさんはどんなレシピを楽しんでいますか?今回は、そのふわっサクッとした衣の秘訣や、簡単に作れるおすすめレシピをご紹介。定番のお惣菜レシピだけでなく、デザートにおすすめの甘いフリッターもおすすめ!

ふんわりサクサク♩フリッターレシピ

家庭料理の揚げ物といえば天ぷらや唐揚げが定番ですが、新たなレパートリーとして、おしゃれなカフェメニューでも見かける「フリッター」レシピもマスターしませんか?フリッターは、いわゆる「洋風の天ぷら」。日本の天ぷらより衣がふんわりしているのが特徴です。

今回は定番人気の白身魚を使ったものをはじめ、野菜やお肉を使ったアレンジレシピや衣や具材が個性的な変わり種まで、幅広いバリエーションでご紹介いたします。

おいしい衣の作り方

フリッターの独特のふわっとした食感の大敵といえば、水分です。

あわ立てた卵白を衣に混ぜると、フリッターの衣がふんわり仕上がります。また、炭酸水やビールも、よく使われる材料。特にビールは、揚げているときに水分を飛ばしやすくしたり、グルテンの生成をおさえる効果もあるといわれる、おいしい衣のための便利なアイテムです。

ビールは飲み残しのものでもOKですが、なるべくキンキンに冷えた、炭酸が抜けていないものを使う方がよいですよ。油分や酢を含むマヨネーズにも、ビールと同じはたらきがあるそうです。衣のタネに含めると、こちらもふわふわにしてくれます。

まずは定番!魚介系のフリッターレシピ5選

1.白身魚のサクサクフリット

ぜひ覚えておきたい、定番中の定番レシピ。サクサクふわふわに仕上げるために使っているのは、しっかり泡立てたメレンゲとビールです。衣に卵黄も混ぜ込むコチラのレシピでは、卵白だけのときよりも、ぽってり感と豊かな風味が加わります。

野菜の強い甘みとみずみずしさを閉じ込めたアスパラガスも主役級のおいしさですが、手に入りにくい季節のときは、スナップえんどうやいんげんが丁度よい代用アイテムになりますよ。
※フリットはフリッターの別名です。

2.ワカサギのフリット

炭酸でもメレンゲでもなく、粉類の配合で絶妙な揚げ加減にするレシピです。ワカサギの下味に使うゴマ油が香ばしさをアップさせ、巻いた大葉の香りが爽やかなアクセントに。和のテイストが強いので、洋食以外の献立や日本酒にも合わせても違和感がありません。エビやイカで作ってもよいですよ。

3.ホタテとエビの青のりフリット

たっぷりの青のりと片栗粉のおかげで、冷めてもおいしい磯部揚げ風。具材にはホタテ・エビを選んで、海を感じる香りがいっぱいです。プリッと弾力のある魚介類と、キュっとした舞茸の歯ごたえも、それぞれに楽しそうですよね。

お弁当のおかずにもなりますし、お刺身が残ってしまったときの、リメイクレシピとしても便利です。

4.イカのチーズフリッター

噛むほどに甘い、むちっとしなやかな歯触りのイカも、忘れちゃいけない定番具材。大さじ3杯の粉チーズと1/4個分のみじん切り玉ねぎを混ぜ込んだ衣は、食欲を誘ういい香りな上に、衣だけでも満足しちゃいそうなほどしっかりとした旨み。

お好みでガーリックパウダーやすりおろしニンニクを入れるのもオススメです。

特集

SPECIAL CONTENTS