さくふわ衣のコツは?「フリッター」の食材別レシピ17選

洋風の天ぷらとも言われる「フリッター」。今回は、ふわっサクッとした衣の秘訣や、簡単に作れるおすすめレシピをご紹介。定番の魚介類だけでなく、野菜やお肉を使ったレシピもまとめているので、ぜひ冷蔵庫にあるもので作ってみてくださいね!

フリッターってどんな料理?

フリッター(フリット)とは、ふんわりとした衣が特徴の揚げ物で、"洋風の天ぷら"とも呼ばれています。ふわっとさせる方法はいくつかあり、もっとも定番なのがメレンゲを入れること。また、ベーキングパウダーで膨らませる作り方もあるんですよ。

魚介類や野菜で作られることがほとんどですが、なかには果物で作るフリッターもあり、西洋ではスイーツとして親しまれています。

さくふわ仕上げ。フリッターの衣の作り方

こちらのレシピでは、ベーキングパウダーを使った作り方を紹介しています。時間が経ってもさくさくふんわりした食感が持続するので、お弁当に入れたいときにもおすすめです。冷蔵庫に入れて3日ほど日持ちするのも、嬉しいポイント。

さらにおいしくするためには

泡立てた卵白を加える

上でも書いたように、ベーキングパウダーではなく泡立てた卵白(メレンゲ)を加えるのも、ふわっと仕上げるひとつの手です。おうちにハンドミキサーがあるという方は、ぜひこちらの方法でも試してみてください。

炭酸水やビールを使う

衣に炭酸水やビールを使うと、サクッと軽い食感に仕上がります。衣は厚くつけると重くなりがちなので、軽くしたい方におすすめです。

フリッター粉や天ぷら粉を使うのもおすすめ

市販のフリッター粉や天ぷら粉を使うと、簡単に作れます。天ぷら粉を使用する場合は、油分の多いマヨネーズを混ぜると、ふんわりと仕上がりますよ。

ITEM

オーマイ「フリッターミックス」

Amazon内容量:100g×5個 楽天市場内容量:100g

¥124〜 ※2018年9月27日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

まずは定番!魚介系のフリッターレシピ7選

1. エビのさくさくフリット

フリッターの大定番、エビを使ったレシピです。天ぷらでもおなじみの具材ですよね。ぷりっとした食感は、いくらでも食べられそう!エビは加熱すると縮んでしまうので、大きめのものを使うのがおすすめです。

2. 白身魚のフリット

こちらのレシピでふわふわに仕上げるために使っているのは、しっかり泡立てたメレンゲとビールです。衣に卵黄も混ぜ込むので、卵白だけのときよりもぽってり感と豊かな風味が加わります。

3. イカのチーズフリッター

噛むほどに甘い、むちっとしなやかな歯触りのイカも、忘れちゃいけない定番具材。粉チーズとみじん切り玉ねぎを混ぜ込んだ衣は、食欲を誘ういい香りなうえに、衣だけでも満足しちゃいそうなほどしっかりとした旨みが感じられます。お好みで、ガーリックパウダーやすりおろしにんにくを入れてみましょう。

4. ししゃものフリッター

特集

SPECIAL CONTENTS