ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

簡単レシピ◎ 万願寺とうがらし副菜7選

1. 焼き万願寺とうがらし

まずは素材の味を存分に楽しみましょう!万願寺とうがらしを網焼きにして、仕上げにレモン汁と七味をかけて召し上がれ!唐辛子は焼いたときに皮が弾けないよう、包丁で切り込みを入れることがポイントです。

2. 万願寺とうがらしの焼きびたし

万願寺とうがらしの基本の煮浸しです。直火で焼いて食べることにより、一層甘みがまして食べやすくなりますよ!ほかの煮浸しにも応用できるレシピなので覚えておくと便利です。かつお節をたっぷりかけて召し上がれ!

3. しょうが蒸し煮

鋳物ホーロー鍋のストウブを使って、万願寺とうがらしをしょうが蒸し煮にしています。材料と調味料を鍋に入れて火にかけるだけで、簡単に蒸し煮のできあがり。しょうがの風味がピリッときいて、食欲をそそりますよ。

4. 万願寺とうがらしの塩昆布マリネ

万願寺とうがらしの塩昆布マリネです。弱火で時間をかけじっくりと万願寺とうがらしに火を通し、オリーブオイルと塩昆布を和えてマリネにします。万願寺とうがらしを手で割くと、味が染み込みやすくなりますよ。シンプルですが味わい深いひと品です。

5. 万願寺とうがらしと鶏肉のポン酢醤油炒め

万願寺とうがらしと鶏肉をポン酢醤油で炒めた、さっぱりするひと品。材料は大きめに切ると食べ応えもあっておすすめです。今晩のお酒のおつまみにいかがでしょうか?

6. 万願寺とうがらしの餃子

万願寺とうがらしの中に餃子のタネをつめたこちらのレシピ、考えただけでもお酒がすすみそうなひと品ですよね。焼くときのポイントは、焼き目が付いたら、転がしながら全体を焼くことです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS