ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

おいしいたまごボーロを作ってみよう!

たまごボーロの「ボーロ」は、ポルトガル語でケーキを主としたお菓子を意味します。見た目はクッキーに似ていますが、口に入れた瞬間ホロっと溶けるのが特徴。歯を使わずに食べられるので、赤ちゃん用のおやつとしても親しまれています。 子どもから大人まで幅広く楽しめるので、野菜パウダーを混ぜて味や色を変えたり、卵や牛乳を使わずにアレルギー対応にしたものなど、さまざまなレシピがあるのも魅力です。

たまごボーロのカロリー

たまごボーロのカロリーは、100gで約360kcal(一粒あたり約9kcal)ほど。普通のクッキーが100gで約430kcalほどなので、比べるとかなりローカロリーなお菓子と言えます。ダイエット中に食べる場合は、砂糖不使用のレシピを取り入れると良いですよ。 今回は、そんなたまごボーロの基本のレシピや、人気のアレンジ、子どもが喜ぶキャラボーロなど、魅力たっぷりでお届けします!

材料3つで簡単!たまごボーロの基本レシピ

Photo by donguri

卵黄、片栗粉、砂糖という3つの材料で作れる、簡単たまごボーロのレシピです。甘いのが好きな方は、砂糖を10gほどプラスして作ってもOK!冷蔵庫にある材料だけで手軽に作れるので、おやつやデザートにぜひ取り入れてみてくださいね。

材料(約50個分)

Photo by donguri

・卵黄  1個 ・片栗粉 80g ・砂糖  20g

作り方

1. オーブンを180度に余熱し、卵と砂糖をボウルに入れる。

Photo by donguri

2.泡立て器でペースト状になるまでよく混ぜる。

Photo by donguri

3.1に片栗粉を加える。

Photo by donguri

4. ヘラを使って、生地がまとまるまで練るように混ぜる。

Photo by donguri

5. 1cmほどの大きさになるようにちぎって丸め、クッキングシートの上にのせる。

Photo by donguri

6.4を180度のオーブンで10分焼く。

Photo by donguri

7. 粗熱が取れるまで冷ませばできあがり!

Photo by donguri

作るときのポイント

たまごの大きさによって生地の固さに違いが出るので、3の工程で、生地が緩い場合は片栗粉、固ければ牛乳、または水を少量加えて、耳たぶほどの固さになるように調整してください。

特集

FEATURE CONTENTS