保存は冷凍が◎「小ねぎ」をおいしく食べるポイント&レシピまとめ

「万能ねぎ」という呼び方でも親しまれる「小ねぎ」。小ねぎってそもそも何?というところから、おすすめのレシピ、冷凍保存のコツなどをまとめました。これで今までよりもっと小ねぎを活用できること間違いなし!ぜひ試してみてくださいね。

2018年9月27日 更新

小ねぎってどんなもの?

ネギには、大きく分けて2種類あります。主にトッピングとして緑色の葉っぱの部分を食べるための「葉ネギ」と、お鍋やねぎまのように白い部分を食べるための「白ネギ」。

小ねぎは、そのうち前者の「葉ネギ」を若いうちに刈り取ったもの。ですので、直径は5mm程度の小ささなんです。他には「万能ねぎ」という呼び方でも知られています。メインとして食べるというよりは、彩りや風味を添えるためにトッピングするためのものです。

一般的なネギのように、そのままの状態で束ねて売られているものもあれば、すでに小口切りにされて、パックされて売られているものもあります。

小ねぎを使ったレシピ5選

1.にらと万能ねぎのぬた

酢味噌で野菜を和えたぬたですが、あまり食べ慣れない味なので、苦手意識がある人も……。そんな方でも食べやすいのが、このマヨネーズを使ったぬたのレシピです。お子さまでも食べやすい味に仕上がっていますので、ぜひ試してみてくださいね。

2.鶏から黒酢だれ

鶏の唐揚げを黒酢で味付けすることで、さっぱりと食べられるようにしてあるひと品。ご飯が進むのはもちろん、お酒のお供にもぴったり。夏場で食欲がない時でも、おいしく食べられそうですね。

3.ネギたっぷりの蛸炒飯

ぷりぷりのタコを使ったチャーハンのレシピです。ネギの風味が適度にきいており、飽きずに食べられること請け合いです。新鮮なタコが手に入ったら、ぜひ試してみたいレシピですね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう