気軽に入れる「ショットバー」とは?楽しみ方を覚えてバーデビュー♪

バーにもいろんな種類がありますが、なかでも「ショットバー」は比較的気軽に入れるバーです。今回は、ショットバーとは何か、名前の意味や、ほかのバーとの違いなどをお話しします。ショットバーの楽しみ方を押さえて、バーの魅力を堪能してみませんか?

2019年4月18日 更新

1人でも楽しめるショットバーの魅力

ひと口に「バー」と言っても、さまざまな種類があります。「オーセンティックバー」「スタンディングバー」など、実にいろいろとありますが、今回はそのなかから「ショットバー」に焦点を当て、詳しく説明していきたいと思います。

初めて行く方のためにマナーや楽しみ方もまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

名前の意味は?ショットバーとは

数種類のお酒の中からボトルを選ぶバーテンダー

Photo by Snapmart

ショットバーの「ショット」は「ワンショット」を意味しており、お酒をボトルではなく一杯ずつ注文していただくスタイルのバーを指します。滞在時間が比較的短く、バー初心者の人でも気軽に立ち寄れるんですよ。

一杯の値段やチャージ料は?

ショットバーのドリンクは、一杯1,000円前後が多いです。もちろん、お店やメニューによって違いはありますが、これをひとつの基準として覚えておくといいでしょう。

バーではチャージ料が必要なお店がほとんどで、1人あたり平均1,000円ほど。お店によっては500〜2,000円と幅があるので、事前に確認できたらしておきたいですね。

そのほかのバーの種類と違い

オーセンティックバー

バーのなかでも、もっともポピュラーで正統派とされているのが「オーセンティックバー」です。「オーセンティック」とは「本物」「信頼できる」などといった意味合いがあり、その言葉からも本質が見えるようですね。

お酒に関する知識が豊富で、カクテル作りの技術に関してもトップクラスのバーテンダーが所属している場合が多いです。オーセンティックバーがカジュアルかつリーズナブルになったバーが、ショットバーだと言えます。

スタンディングバー

スタンディングバーは、名前の通り立ち飲みスタイルで楽しめるバーのことです。長居するためのバーではないためフードメニューはシンプルなものが多く、リーズナブルであることも特徴のひとつ。

すこし時間があいたときにフラッと立ち寄れることから、もっとも気軽に楽しめるバーでもありますね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう