中華の定番「ザーサイ」とはどんな野菜?レシピや食べ方総まとめ!

中華風の味付けがおいしい「ザーサイ」ですが、ザーサイとは何の野菜かご存じでしょうか?白菜やキャベツの芯のようですが違います。コリコリとした歯ごたえやごま油の香りがおいしいザーサイ。今回は、ザーサイの正体とおいしい食べ方までご紹介します!

2018年12月4日 更新

定番の漬物

ザーサイの漬け物は、茎の肥大した部分を塩漬けにしたもの。きれいな緑色のまま、真空パックで売られていることもあります。高菜は、葉の部分も漬けて食べますが、ザーサイは基本的には、葉は漬け物では食べません。

一度塩漬けにしてから、本漬けにしたものは、「四川搾菜」と呼ばれています。

色も茶色くて、古漬けといった感じです。どこのスーパでも必ず見かける、おなじみの瓶詰のザーサイは、この四川風の味付けが一般的。

薬味として食べる

日本でもお馴染みになりつつある、中華がゆ。貝柱、干しシイタケ、鶏ガラなどでとったうま味たっぷりのだしで炊いたおかゆです。さっぱりとした中華粥には、ピリ辛で塩気のあるザーサイのトッピングがよく合います。

適度に塩抜きして、細かく刻みおかゆにトッピング。日本における梅干しのような感覚なのでしょうか?おかゆだけでなく、そうめんやラーメン、冷やし中華のトッピングにもよいでしょう。

生のザーサイの使い方

中国で栽培されてきたザーサイですが、現在は日本でも栽培しています。どこのスーパーでも買えるわけではありませんが、生野菜としても流通をしているんですよ。地域によっては、生のザーサイをサラダにして食べているところもあるそうです。

また、細切りやみじん切りにしたものをごま油やお好みの調味料で味付けるだけでもおいしいおかずに。中華まんのあんや、チャーハンの具材にもなるでしょう。生のザーサイを見かけた際にはぜひ、ザーサイ料理に挑戦してはいかがでしょう。

葉の部分の食べ方

もし生のザーサイが手に入ったら、茎だけでなく、ぜひ葉も使ってくださいね。葉はごま油で軽く炒めて、お好みの味付けで食べることができます。からし菜特有の辛味が効いて、とてもおいしい味になるそうです。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう