イタリア生まれの「サルシッチャ」とは?作り方&おすすめレシピ!

イタリアで生まれた「サルシッチャ」。ソーセージのような見た目ですが、違いはあるのでしょうか?今回は、「サルシッチャ」という名前の意味や、自宅での作り方、おすすめのレシピなどまとめてご紹介!サルシッチャの魅力にハマりましょう♩

2018年12月4日 更新

イタリア生まれの「サルシッチャ」

イタリアが本場とされている「サルシッチャ」。みなさん、食べたことはありますか?

サルシッチャと聞いても、どんな食べ物か分からない方もいるでしょう。ここでは、サルシッチャについて名前が持つ意味や、作り方、おすすめのレシピなどをご紹介していきます。見た目が似ているソーセージとの違いについても、まとめてみました。

イタリア語での意味は?サルシッチャとは

サルシッチャとは、イタリア語で「腸詰め」という意味を持っています。サルシッチャのことを直訳するとソーセージと言う人もいるようですが、これは間違い。正しくは腸詰めです。お肉やハーブを、腸詰めにした状態のものを「サルシッチャ」と呼びます。

本場イタリアでは、サルシッチャをそのまま生で食べることも少なくありません。古代ギリシャから作られているほどに、長い歴史を持っています。

ソーセージとの違い

サルシッチャはソーセージと似ているので、違いがわからない方もいるようです。前述の通りサルシッチャはソーセージと説明する方もいます。きちんと、違いは押さえておきたいですね。

サルシッチャ:食材を腸詰めにしたもの
ソーセージ:腸詰め肉を加熱したもの


食材を腸詰めにした時点で「サルシッチャ」と呼び、なかでも腸詰めにしたお肉を加熱処理したものが「ソーセージ」になります。なかなか微妙な違いですが、覚えておくとイタリアを訪れた際に役立つかもしれませんね!
▼ソーセージとウインナーの違いはこちら

自家製サルシッチャの作り方

自宅でも材料さえ揃えば、サルシッチャを作ることができます。よく練った具材を腸に詰めていくのですが、このとき空気が入らないように注意しましょう。もし空気が入ってしまった場合には、爪楊枝針などを使って空気を抜く必要があります。

脂が溶けだすのを防ぐため、背脂やひき肉は直前まで冷蔵庫で冷やしておくとGood。よく冷えたお水を使うことで、ひき肉に粘りが出やすくなりますよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう