ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ひと癖ある「ゴルゴンゾーラチーズ」

チーズのなかでも、ゴルゴンゾーラチーズといえば癖の強いチーズの代表ですよね。青カビ特有の味わいが苦手という方も、多いのではないでしょうか。食わず嫌いのままではもったいないので、初めての方もぜひチャレンジしてみましょう!今回は、初心者でも食べやすいゴルゴンゾーラを選ぶポイントもお教えます。 また、さまざまな食べ方もご紹介!簡単なアレンジでいつものお料理に変化をつけたり、スイーツに活用してみるのはいかがでしょうか。簡単に、本格的なお料理が作れるレシピは必見ですよ♩

ゴルゴンゾーラチーズとは?

ゴルゴンゾーラチーズは三大ブルーチーズの一種で、柔らかなチーズに青カビが筋状に入っています。チーズに青カビを加えて熟成させて製造されており、主な産地はイタリアのピエモンテ州とロンバルディア州です。

青カビ特有の臭い風味が特徴

ゴルゴンゾーラは、ブルーチーズのなかでは比較的柔らかい風味を持っており、塩分も控えめ。青カビ由来の独特の刺激臭が特徴で、好き嫌いがはっきり分かれますね。 熟成期間が短いものほど、癖がなく食べやすいとされています。初めての方は、購入する際に熟成期間をチェックしてみましょう。

ゴルゴンゾーラの種類

ゴルゴンゾーラには、辛味の強い「ゴルゴンゾーラ・ピッカンテ」と甘味のある「ゴルゴンゾーラ・ドルチェ」があります。 ピッカンテは、熟成期間が長めで青カビ独特の辛味が特徴。熱を加えるとクセの強さが和らぎ、リゾットやピザに使用したりソースを作るのに適しています。 ドルチェは、青カビが少なくマイルドな口当たりで、初心者でも食べやすいとされています。そのままで食べるのはもちろん、はちみつやジャムと合わせてスイーツとして食べるのもおすすめです。

気になるカロリーは?

チーズを食べる上で、カロリーを気にされる方も多いはず。ゴルゴンゾーラは、ほかのチーズと比べるとカロリーはどれくらいなのでしょうか。 ゴルゴンゾーラ  353kcal ゴーダ      380kcal チェダー     423kcal パルメザン    475kcal ※100gあたりのカロリーです。 このようにして見ると、ゴルゴンゾーラはほかのチーズよりも比較的低カロリーであることが分かります。これは、ゴルゴンゾーラ好きの方には朗報ですね!

ゴルゴンゾーラチーズの食べ方

この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS