ローディング中

Loading...

お酒のお供はもちろん、グラタンやパスタなど何かと便利なチーズ。元々発酵させているとはいえ、どう保存すれば良いか迷いませんか。一度に使う量も限られており、中には高額なものもあるチーズ。実はチーズは冷凍保存出来るんです。種類別にまとめました。

チーズは冷凍できる?

カットしてそのままおつまみとしていただくのはもちろん、チーズトーストにしたり、グラタンやパスタ、揚げ物などの料理に活用したりと、少し加えるだけで濃厚でクリーミーな味わいになるチーズ。女性を中心にとても人気がありますよね。

最近はチーズ専門店や輸入食品を扱うお店などで、日本にいながら本格的なチーズを楽しめる機会が増えてきました。そんなチーズですが、皆さんはどのように保存していますか?冷蔵庫を整理していたら奥の方から古いチーズが出てきた、なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

スライスチーズやピザ用シュレッドチーズなど、使う頻度は少なくないものの、なかなか一気に使いきることって難しいですよね。そんな時、冷凍保存できれば、数種類のチーズを買っておいてもカビの心配をすることなく、いつでも好きな時に使えて便利ですよね。今回は、チーズの冷凍保存についてまとめてみました。

チーズは冷凍保存できるんです!

冷凍してしまうことで、チーズの食感や風味が損なわれてしまわないか気になりますよね。結論から言うと、チーズは冷凍保存が可能です。ですが、冷凍したチーズは滑らかさがなくなり、少しぼそぼそした食感になってしまうため、おつまみやサラダなどの生食には向いていません。冷凍したチーズを調理に使う際は、加熱して使用するようにしましょう。

冷凍したチーズの保存期間

冷凍保存した場合のチーズの賞味期限はおよそ1ヶ月程度です。冷凍してしまえば、いつまでも保存することができそうな気がしますが、冷凍庫内でどんどん水分がぬけておいしくなくなってしまうので、出来るだけ早く使い切るようにしましょう。

冷蔵保存について

冷蔵保存する場合は、ある程度湿度が保たれる野菜室またはチルド室で保存するのが良いでしょう。また、チーズは乾燥にとても弱いため、ラップでぴったりと密封して保存することをおすすめします。

ですが、冷蔵庫の場合はどうしても他の食材を取り出す際の開け閉めが発生し、温度変化が起こりやすくなり、これがカビの発生にもつながってしまいます。密封していてもチーズから出る水分でカビが発生してしまうこともあるため、3日ごとに水分を拭き取ってラップを交換するとよいですよ。

モッツアレラチーズについては、モッツアレラチーズと一緒に入っていた保存液、またはお水に浸けっぱなしにして冷蔵保存しましょう。

冷蔵保存期間はしっかりと保存すれば、カマンベールチーズやモッツァレラチーズ、クリームチーズなどのフレッシュチーズの場合は開封後3日〜1週間程度、粉チーズは1ヶ月程度、ピザ用チーズは4日〜5日程度、ゴーダチーズなどのハードタイプは2〜3週間程度もちます。ただし、賞味期限内に限ります。

スライスチーズなどのプロセスチーズも賞味期限内に使い切りましょう。

常温での保存

チーズの保存に適した温度は5℃〜10℃、湿度は80%程です。粉チーズなど一部常温保存が出来るものもありますが、基本的にチーズは常温だと発酵が進んだり、カビが生えたりしてしまうため、おすすめできません。使用頻度や1回に使う量にもよりますが、なるべく冷蔵か冷凍保存を選びましょう。

種類別!チーズの冷凍保存方法

チーズを冷凍保存する際、基本的には小分けにして冷凍します。この時、おいしさを保つためのポイントがいくつかあります。

まずは水分が抜けない様にラップで密封すること、そして急速冷凍を心がけることです。大きさをそろえて小分けにし、熱伝導のいいアルミトレーなどにのせて冷凍庫へ入れることで冷却時間を短縮できます。

ですが、一言でチーズと言っても、いろいろな種類がありますよね。おいしいチーズを最後までおいしい状態のまま食べきるためには、それぞれのチーズに合った保存方法できちんと保存することが大切です。

スライスチーズの冷凍方法

朝食のチーズトーストなど、最も使う機会が多いであろうスライスチーズ。スライスチーズを冷凍保存する際は、一枚ずつラップにくるみ、冷凍庫で保存します。

一枚ずつするのが面倒という方は、ラップを適当な大きさに切り、その上にチーズを一枚ずつ間隔を少しあけて並べていきます。そしてチーズの表面が出ない様にをラップを巻き、最後にラップで巻いたチーズを屏風織りの様に畳んで冷凍保存しましょう。

プロセスチーズの冷凍方法

チーズを適当な大きさにカットし、カットごとにラップを巻きましょう。そしてフリーザーバックなどの密閉できるものに入れ、冷凍保存します。大きさはお好みでも良いですが、最近はカット線が記載されているものもありますので、同じ分量ずつ残しておきたいという方は、このような線が書かれてあるチーズを購入すると良いですね。

ピザ用とろけるチーズの冷凍方法

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

幻のフロマージュが遂に!パリ発「ベイユヴェール」が麻布十番に初上陸♩

パリ チーズ チーズケーキ

フランス各地で大人気のフロマジェリー「ベイユヴェール(beillevaire)」が、ついに日本の麻布十番に初上陸!半生食感の幻の「フロマージュ」が日本で食べられるなんてスイーツ好きには朗報ですよね!人気の商品…

材料は2つ!最高のふわふわオムレツの作り方&失敗しないコツ

オムレツ レシピ

お店で出てくるとうれしいふわふわオムレツ。作るのは難しい、と思っていませんか?実はご自宅でも簡単に作ることができるんです。今回はふわふわのオムレツを作るコツと、アレンジレシピをまとめました。これができると、料…

箱みかんも長持ち!みかんの上手な保存方法&賞味期限

みかん

食べやすくおいしい果物のみかんですが、箱で大量に購入した際の保存方法はどうしていますか?実がやわらかく傷みやすいみかんの保存はコツをおさえて長持ちさせることができるんですよ。みかんの賞味期限や上手な冷蔵、冷凍…

ひと手間で豹変!?「大根おろし」の辛みを抑える方法を大検証!

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

カリッともっちり♩『小松菜とチーズの大根もち』はパパッと調理でお店顔負けの味

大根 小松菜 チーズ おつまみ

今回ご紹介するのは中華の点心でおなじみの大根もち。本格的なものは上新粉や米粉を用意しなければつくれませんが、今回ご紹介するのはよくある材料で手軽に調理できて、その上簡単!むずかしいことをしなくても、お店顔負け…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

《保存版》スタバの人気裏メニューまとめ!あなたはいくつ知ってる?

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

日本人なら知っておきたい、伝統的な季節の日本酒行事「5」選

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

貧血対策に!鉄分を多く含む食べ物とおすすめレシピ

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

話題の「ハイブリッドスイーツ」まとめ!最後に超最新のレシピも★

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

最近人気のちょっと変わった日本酒15選!女性にも飲みやすい新スタイル◎

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ワインと料理のマリアージュ徹底ガイド!このワインに合うのはこの料理

ワイン

ワインとお料理の組み合わせ、つまりはマリアージュを知るとワインと食事をもっと楽しむことができます。この記事では白、赤、シャンパン、デザートワインの4つのワインに合う食べ物についてご紹介します、もっとワインを楽…

GLAYのTERUさん注目の「ドン・デ・マカロニ」が売り切れ状態!

スイーツ お菓子 北海道

マカロニを「ポン菓子」にしたスイーツである「ドン・デ・マカロニ」。このお菓子は函館市のご当地ものらしく、函館出身のGLAYのTERUさんがTwitterで「おいしい」と紹介し、人気が急上昇。売り切れとなる店も…

世界で一番美しい、割った卵から黄身だけを取り出す方法

たまご

卵の黄身と白身、取り出すお料理って意外にたくさんありますよね。皆さんはどのように取り出していますか?殻が入ってしまうと取り出すなど面倒、できればきれいに取り出したいですよね。今回は世界一美しい黄身の取り出し方…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る