ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

歴史ある羊乳チーズ「ペコリーノ・ロマーノ」とは

ローマ帝国時代から作られている、羊のミルクを原料としたイタリア最古のチーズです。古来から製法を変えずに作られているハードタイプのチーズで、白っぽい色をした円柱形。ローマ時代には保存食として用いられてきたこともあり、強い塩味が特徴です。

塩の代わりになるとも言われる味わい

特徴は塩味!と言われるペコリーノ・ロマーノですが、強い塩味の中にも羊のミルクの甘みがあり、風味も豊か。コクとうま味が凝縮された濃厚な味わいを楽しめます。そのまま食べるだけでなく、調味料としても多く使われています。

名前の由来

ペコリーノ・ロマーノの語源は、ペコーラ=雌羊・ロマーノ=ローマ風から来ています。現在はラツィオ州のほか、サルデーニャ州でも多く作られていますが、ロマーノの名が表すように、ローマ周辺で作られていたことが由来です。

ペコリーノ・ロマーノのおすすめの食べ方

そのまま食べる

塩味が非常に強いペコリーノ・ロマーノは、ワインとの相性が抜群。赤、白、スパークリングなど、どのワインにもよく合います。また、日本酒や焼酎にもぴったり。お酒といっしょに味わう時には、薄くスライスしたり、小さくカットしていただきましょう。

粉状にしてパスタやサラダにかける

もっとも多い食べ方が、すりおろして粉状にし、調味料として利用するというものです。ペコリーノ・ロマーノと卵黄、豚バラの塩漬け肉だけで作られている本場イタリアのカルボナーラをはじめ、リゾットやサラダにかけてもおいしく味わえます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS