ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

なめらか「豆乳プリン」を作ってみよう

カロリーが低く女性にうれしい栄養が多いと言われる「豆乳」。デザートで気軽に食べられたらいいですよね。そんな豆乳を使った、ヘルシーで優しい味わいのなめらかな豆乳プリンを作ってみませんか? 卵を使って蒸し焼きするレシピや、電子レンジで手軽に作れるもの、ゼラチンや寒天などを使って固めるレシピなどをご紹介します。使用する豆乳は、無調整豆乳でも調製豆乳でもOK。お好きな味の豆乳を使ってみてくださいね。

基本となる豆乳プリンの作り方

Photo by Raico

それでは、基本の豆乳プリンの作り方をご紹介します。卵黄のみを使用し、生クリームを加えたリッチなプリンで、オーブンで蒸し焼きするレシピです。蒸し器を使っても作ることができますよ。

材料(ココット6~8個分)

Photo by Raico

・豆乳     240g ・生クリーム  160g ・卵黄     3個分 ・グラニュー糖 45g ※生クリームは脂肪分35%のものを使用しています。

準備

・オーブンは160℃に温めておきます。 ・湯せん用の熱湯を用意しておきます。

作り方

1.豆乳と生クリームを鍋に入れて火にかけ、沸騰直前まで温めます。

Photo by Raico

2.ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れて混ぜ、1を少しずつ加えます。

Photo by Raico

3.泡立てないように混ぜ合わせたら、こし器を通してこします。

Photo by Raico

4.容器に流し、ペーパータオルをつけて表面の泡を取り除きます。

Photo by Raico

5.天板に熱湯を注ぎ、160℃のオーブンで20分ほど湯せん焼きします。ゆすってみて火が通っていなければ5分追加し、そのまま置いて余熱で火を通します。

Photo by Raico

6.粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしてできあがり。

Photo by Raico

卵なしでも作れる?

基本のプリンのレシピは、材料に卵を使って蒸し焼きすることでプリン液を固めています。卵のタンパク質に熱が加わると固まるためです。卵を使わない場合は、ゼラチンなどの固める材料が必要になります。 ゼラチンの場合も、必要分をきちんと計量すること。また加熱しすぎるとタンパク質が変性して固まらなくなってしまうので、50~60℃のプリン液に溶かすようにしましょう。

特集

FEATURE CONTENTS