スイーツ作りの決め手!「湯煎焼き」の方法と代用のコツ3つ

「湯煎焼き」って聞いたことがあるけど、どのようなものなのでしょうか?代表的なお料理の紹介をいたしつつ、湯煎焼きの基本的な仕方や、天板がない際の代用方法を分かりやすくご説明いたします。これを知ることで、あなたもスイーツマスターになれるかも!

湯煎焼きってなにか知ってる?

「湯煎焼き」という言葉、お菓子作りをする際にレシピなどに書かれているのを見たことがある方も多いかもしれません。では実際に、どのような方法でおこない、どのようなメリットがあるのかご存知ですか?

聞いたことはあるけれど、試したことはないという方、必見!湯煎焼きの基本方法や、器具の代用方法を詳しくご紹介します。これを機会に、正しいやり方や知識を身に付けましょう。

また、湯煎焼きをするおすすめのスイーツレシピも併せてご紹介します。家にある材料で短時間で作れてしまうレシピもありますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。どれも簡単にできるものばかりなので、お菓子づくりの初心者さんでも気軽に試せますよ。

湯煎焼きとは

「湯煎焼き」とは、生地の入った型をオーブンの天板に乗せ、そこにお湯をはって蒸し焼きにすることを言います。プリンやチーズケーキなどを、しっとりと焼き上げたい場合に使う調理方法です。

代表的な料理

「湯煎焼き」をする料理で代表的なものといえば、プリンやチーズケーキなどです。私たちにとても馴染みのあるスイーツですよね。だからこそ、この湯煎焼きをマスターすることで、スイーツマスターに一歩近づくことができるかもしれません!

湯煎焼きの基本的なやり方

まず、お湯を型の高さの半分程度まで注ぎます。天板だけでは十分なお湯の量のお湯がはれない場合、やや小さいバットなどを用意し、生地の入った型とお湯を入れ、天板に置きます。型の下にキッチンペーパーやふきんを敷けば、湯の中で型が動きづらくなるので試してみてください。

天板がない場合の代用方法は?

耐熱容器での代用

最も簡単な代用法としては、ご自宅にある耐熱容器を使った方法です。耐熱性があればパイ皿でもグラタン皿でも何も構いません。

作るお菓子に合わせてサイズのあった容器を選びましょう。スフレなどの場合、そこに少し水を張ればふんわりとした食感を作り出すことができます。ただし、天板の場合と火の通り方は異なるので、温度や焼き時間などは注意してくださいね。

アルミ製容器で代用

ロールケーキやクッキーなどを作る場合は、アルミ製の容器で代用することも可能です。その際は、必ずオーブン対応の耐熱性のものを使用してくださいね。バットやトレイの内側にクッキングシートを敷いてから使用すると、生地がくっつくのを防げておすすめです。その後はそのまま、オーブンに入れればOK!

天板使用時と同じように火を通したい場合は、バットの四隅に耐熱性の物を置いて底上げするとよいですよ。ただし、火の通り方や焼き色などは若干異なる場合があるので、様子を見ながら上手に調節していきましょう。

ココット皿で代用

プリンなどを作る際はココット皿がおすすめです。天板にお湯を注ぐ代わりに熱湯を入れたココットなどの耐熱容器をプリンの容器と一緒に2、3個並べるだけでOK!

プリンの容器がお湯に浸っていることが大事なのではなく、オーブンの庫内に蒸気をたっぷり出しながら焼くことが大切です。こちらもその他の代用方法と同様、焼き色や火の通り方を見ながら時間は調節してくださいね。

オーブンの温度と湯煎の水を調節!

オーブンの温度や水の量はレシピによって変化することはいうまでもなくわかりますよね!レシピに従って、オーブンの温度や水をきちんと調節しましょう。

チーズケーキの湯煎は熱湯を使う

温度が低いと綺麗に仕上がらないので、チーズケーキの湯煎焼きは熱湯を注ぐことがポイントです。チーズケーキを焼く際には気をつけてくださいね!

湯煎焼きをする簡単スイーツレシピ5選

特集

SPECIAL CONTENTS