料理の基本「湯煎」とは?やり方やコツを徹底解説

チョコレートやバターなどの材料を溶かす手法のひとつ「湯せん」。よくレシピに登場する湯せんのやり方や、湯せんする意味と効果、湯せんの頻度が高い、チョコレートとバターを湯せんする時のコツをご紹介します。よく似た用語湯煎焼きについてもご説明します。

2019年1月26日 更新

湯煎(ゆせん)とは

湯せんとは、直接材料に熱を加えるのではなく、材料を入れたボウルなどの容器を温め、間接的に材料に熱を加えることをいいます。

用意するものは、鍋やボウルと、ひとまわり小さいボウルなどの容器。湯をはった鍋の中に、材料を入れた小さなボウルをつけてあたためます。

湯煎の意味と効果

湯せんは、材料をこがさずなめらかに、均一に溶かすことができる手法です。材料に直接火を入れない間接加熱なので、ゆっくりおだやかに加熱。こげる心配がありません。

また、保温を目的として使われることもあります。

湯煎が必要な代表的な料理

チョコレートやバターを溶かす時や、卵を泡立てる際にもよく使われます。レトルト食品を温める時や缶詰を温める時にもおすすめ!

レトルト食品や缶詰の場合は、お湯をはった鍋の中にそのまま入れるだけでOKです。ただし、缶詰は火にかけたまま入れると爆発する可能性もあるので、火は止めてから温めましょう。

湯煎のやり方

チョコレートを湯せんしている

Photo by Snapmart

1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう