7. ふっくらおいしい。にしんとなすの煮物

本格和食の雰囲気漂う、にしんを使う煮物。意外に手間が少ないレシピなので、魚料理初心者という方も作りやすいですよ。昆布やしょうが、出汁醤油のやさしく馴染みある味わいは、ごはんにもお酒にも合います。

8. 食感とろとろ。なすの角煮風

Photo by macaroni

しっかり濃いめの味付けがおいしい、なすの角煮風。煮込むほどに、食感がやわらかく、ジューシーになります。調味料を加えて煮込むので、なすを炒めるときは全体に油がまわる程度でOK。おつまみにもおすすめです。

【洋風】なすを使う人気の煮物レシピ6選

9. 野菜たっぷり。なすと豚肉のトマト煮

なすと豚肉を使うジューシーなトマト煮は、フライパンひとつで作れるお手軽メニュー。煮込み時間が短いので、疲れている日にも助かりますね。豚肉はとんかつ用のロース肉を使用すると、食べ応え抜群。普段の食事にも、特別な日の大皿料理にもおすすめです。

10. 材料は3つ。オランダなす

オランダから長崎に伝わった「オランダ煮」。揚げたり炒めたりしたあとに醤油や出汁などで煮る和風味が特徴です。それをコンソメで洋風アレンジに。使うのは、なす、オリーブオイル、コンソメの3つだけなので、誰でも簡単に作れますよ。和風味よりもあっさり食べられるのが魅力です。

11. さっぱりおいしい。なすと夏野菜のトマト煮

なすやトマト、ズッキーニ、パプリカなどの夏野菜をたっぷりと使用。冷やしてもおいしいので、作り置きしておくと便利です。野菜を順番に入れて炒めたら、ハーブを加えて煮込みます。味の決め手はほんの少し加えるお酢。さっぱりした味わいになるので、ぜひ試してくださいね。

12. 鶏肉で作る。チリンドロン

チリンドロンはスペインの煮込み料理。本場ではうさぎや羊の肉を使いますが、このレシピではアレンジが簡単な鶏肉を使用します。ラタトゥイユやカポナータに似ていますが、肉を使うのでコクが感じられ、よりお酒との相性抜群です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ