10. 魚介のだしが濃厚。魚介のクリームラビオリ

フィリングにもソースにも、魚介を贅沢に使う、クリームラビオリのレシピです。フィリングにはえび、ホタテ、はんぺんなどを使用。魚介の豊かな旨味を味わうことができますよ。生クリームベースのソースは、えびの殻でだしをとり、サフランで色付け。味も見た目もいいので、おもてなしのお料理にどうぞ。

11. ごはんのおかずにもなる。ラビオリ豆乳煮込み

ごはんと一緒に楽しめる、煮込みラビオリのレシピです。ソースのベースは豆乳。フィリングに豆腐と鶏ひき肉を使うため、やさしい味わいと食感が楽しめます。ラビオリを別鍋でゆでる必要がないので、洗いものが少なくて済みますよ。

12. ワインのお供に。ラビオリのトマト煮込み

餃子の皮で包むのは、なんとウインナー!ソースはトマト缶をベースに、ひき肉や玉ねぎなどを煮込んで作ります。最後にパルミジャーノ・レッジャーノをかければ完成♪ 手軽に作れるので時間がない人にもおすすめですよ。ワインにぴったりのおしゃれなひと品です。

13. ハーブが香る。豚肉のクリームラビオリ

セージやナツメグといったハーブを使うのが、このレシピのポイント。ハーブ独特の風味が楽しめますよ。ひき肉、マッシュルーム、ベーコンなど、いろいろな食感の具材をたっぷり包みます。旨味が絶妙にからみ合う、贅沢な味わいのひと品です。

14. ソースはお好みで。えびと空豆のラビオリ

下味を付けたえびとそら豆を、餃子の皮で包むだけ。シンプルにケチャップでいただくのもおすすめですが、醤油やラー油、お酢などを使う、中華風の味付けでいただくのもいいですね。

15. 和洋折衷な味わい。しらすと三つ葉のラビオリ

ワインや日本酒のお供にぴったりなひと品。しらすと三つ葉、クリームチーズを使い、和洋折衷テイストに仕上げます。オリーブオイルや塩でシンプルにいただきましょう。

編集部のおすすめ