ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

野菜ソムリエが教える。ほんとうにおいしいカプレーゼ

Photo by 稲吉永恵

調理時間:10分

トマト、モッツァレラチーズ、バジルというシンプルな材料で作るカプレーゼ。調理方法が簡単で見栄えがよいため、おもてなしの前菜にもぴったりです。ひとつひとつの材料や作業手順にこだわって、ひと味違うカプレーゼを作ってみましょう♪

材料(2〜3人分)

Photo by 稲吉永恵

※塩は材料写真に写っていません
・トマト……1個
・モッツァレラチーズ……100g
・バジル……5〜6枚
・エクストラバージンオリーブオイル……大さじ1杯
・塩……少々

作り方

1. 材料を切る

Photo by 稲吉永恵

トマトはよく洗って水気を拭き、ヘタをくり抜きます。

Photo by 稲吉永恵

8mmほどの輪切りにします。

Photo by 稲吉永恵

モッツァレラチーズは水気を拭き、8mmの厚さに輪切りします。トマトとモッツァレラチーズは厚みをそろえると、口当たりよく仕上がりますよ。

Photo by 稲吉永恵

カットした材料は、冷蔵庫で冷やしておきます。すぐに食べる場合は、このまま盛り付けに移ります。

2. 盛り付け

Photo by 稲吉永恵

皿にトマトとモッツァレラチーズを交互に並べます。美しく仕上げるには、白い皿がおすすめです。

Photo by 稲吉永恵

バジルの葉を間にバランスよく挟みます。

Photo by 稲吉永恵

食べる直前に、塩を振りエクストラバージンオリーブオイルをかけます。お好みで、粗挽き黒こしょうをかけて完成です。

野菜ソムリエ直伝。おいしいカプレーゼのポイント

トマトやバジルのおいしい選び方

Photo by 稲吉永恵

おいしいカプレーゼを作るには、材料が大切です。おいしいトマトやバジルを選びましょう。まず、トマトは甘味の濃いフルーツトマトがおすすめです。もちろん普通のトマトでもOK。

ピンク系のトマトなら、皮が薄くて熟しても果肉がしっかりして崩れないため、おいしく作れますよ。甘味と酸味のバランスがよい「桃太郎」が代表的。どのトマトも、全体的に丸みがあってツヤがあり、硬く締まっているものをチョイスしましょう。ヘタが緑色で生き生きしているものが新鮮ですよ。

バジルは、緑色が濃くてみずみずしく、葉の先まで張りがあるものを選んでください。葉が密に茂っていて茎も太くしっかりしていると、さわやかで豊かな香りがします。

トマトの下ごしらえのコツ

トマトもモッツァレラチーズもしっかり冷やしておきましょう。また、ピンク系トマトは皮が薄いため、皮ごと使って問題ありませんが、フルーツトマトは皮が硬いものが多いです。湯むきをすると口当たりがよく仕上がりますよ。

湯むきの方法は、トマトのヘタの反対側の中央に浅く十字に切り込みを入れて、鍋にわかしたお湯に20秒ほど浸けます。皮がはじけてめくれたら、冷水に浸けて冷やして剥がしましょう。湯むきしたら、冷蔵庫で冷やしてください。

編集部のおすすめ