いつものレシピを焼くだけ!「焼きカプレーゼ」が超おいしい

あったかいメニューが欲しくなってくる季節ですね。今回は前菜として皆さんに楽しんでいただいているカプレーゼを焼く「焼きカプレーゼ」のご紹介です。レシピは名前の通り焼くだけ!です。焼きカプレーゼならではの調理法もあるので参考にしてください!

1.トースターで5分の焼きカプレーゼ

最もシンプルな焼きカプレーゼレシピです。
トマトとモッツアレラ、オリーブオイルと材料もいつもと一緒、それをいつも通り切ってならべる。違うのは並べるお皿を耐熱用にしてもらうこと!
オリーブオイルと塩コショウも基本一緒でここまで済んだら、トースターで5分。
トロットロにモッツアレラが溶けたら完成です。
切ってならべるだけ、から切ってならべて焼くに段取り一つ増えますが、それでも10分もかからないのでシンプルな焼きカプレーゼを召し上がってね!

2.まるごとトマトの焼きカプレーゼ

ゴーカイに!トマトまるごとカプレーゼにしてしまいました!
ヘタの部分を5ミリほど落として中身をくりぬいたらチーズを詰めてオーブンで焼いてください。
オーブンの温度は高め!じっくりと焼きます。
水分もとびトマトの甘みがしっかりと味わえます。チーズはお好みのものでいいのですが、とろけるタイプのものを使うとトマトを切って食べるときにとろ~り流れ出てきますよ!
丸ごとトマトを使うレシピは焼きカプレーゼにしてこそ楽しめるレシピですよ!

3.焼きカプレーゼのミルフィーユ

スライスしたトマトの間にチーズ、そしてジェノバソースがたっぷり挟んであります。
横に並べてさっと焼くのもいいですが、ミルフィーユ上に縦に積んで焼くのもおすすめです。
おこげさんが食欲をそそるビジュアルですね!
たてに積むのはなかなか難しいようですが、召し上がる方の驚く顔を想像しながらチャレンジしてみてくださいね!

4.焼きカプレーゼに生ハムを添えて♡

焼きカプレーゼはそれだけで前菜になりますが、こうして生ハムのバラを添えたお料理の見栄えがうんと上がります!
おもてなし、パーティー用としておすすめの盛り付け例です。

5.焼きカプレーゼハッセルバック風

ハッセルバックは丸ごとのじゃがいもに切れ目を入れてその間にベーコンなどを挟んで焼いたおいしいポテト料理。
同じように切れ目を入れたハッセルバック・トマトカプレーゼもずいぶんと流行りましたが、今回はこのハッセルバックカプレーゼをさっと焼いて仕上げました。
この焼きハッセルバックカプレーゼを作るときは普通のトマトでもおいしいのですが、加熱調理に向いて、細長いローマトマトを使うとよりおいしくまた調理もしやすいです。
ローマトマトはコストコなどでも売っていますのでお試しくださいね!
ハッセルバックについて、もう少しトライしてみたい方は、こちらもオススメ★

特集

SPECIAL CONTENTS