加熱時間

小さめのかぼちゃの加熱時間は、そのあとに使うレシピに合わせて固さをを調節してください。煮物などに使う場合は、さらに煮込むため2分ほどを目安にしましょう。やわらかめに仕上げたいときは、3分ほど加熱するといいようです。

冷凍かぼちゃの加熱時間はどのくらい?

冷凍したかぼちゃの煮物の場合

かぼちゃは煮物にしてから、保存用袋に入れて冷凍することもできます。お弁当に便利なかぼちゃの煮物は、冷蔵庫で自然解凍したあと、電子レンジでラップをせず加熱します。カットした大きさによりますが、加熱は100g程度なら2分〜2分半が目安。お使いの機器に合わせて調節してくださいね。 また、冷凍したかぼちゃの煮物をそのままお弁当箱に詰めてもっていくことも可能です。

炒め物に使用する場合

薄くスライスされているかぼちゃであれば解凍せずにそのまま料理に使うことができます。厚めにスライスしている場合は、電子レンジで解凍してから使うのがおすすめです。加熱時間は100gあたり500Wで1分が目安です。

サラダ・スープに使う場合

サラダやスープにはマッシュしたかぼちゃがおすすめ。冷凍したマッシュかぼちゃはの加熱時間は、スープに使う場合には100gあたり500Wで2分が目安です。サラダに使いたい場合は自然解凍して使うのがよいでしょう。

レンジでとっても簡単!かぼちゃのレシピ5選

1. かぼちゃの煮物

かぼちゃ料理の代表メニューといえば、やっぱり煮物ですよね。こちのレシピは、薄めにスライスしたかぼちゃと合わせておいた調味料を耐熱容器に入れ、電子レンジで加熱するだけでできてしまいます。

途中でかぼちゃをひっくり返して再加熱すれば加熱ムラも防げて、味が染みたおいしい煮物に仕上がりますよ。もうひと品ほしい時にも助かるスピードメニューです。

2. かぼちゃバター

皮をむいて薄切りにしたかぼちゃと、バター・砂糖・はちみつを耐熱容器に入れ、ふんわりラップをしてレンジで加熱します。マッシャーや木べらでつぶしながら混ぜ合わせ、塩こしょうで味を調えたら完成です。 パサつきが気になるようであれば、生クリームを少量加えるのもよいでしょう。はちみつを使っているので、小腹が空いたときのおやつにもよさそうです。そのまま食べるのもよいですし、フランスパンなどにトッピングして食べるのもおいしいでしょう。

編集部のおすすめ