ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

通年見かけるアスパラですが、一番おいしいのは春の今、この時期なんです。甘みが増して風味がよくなるアスパラは、ぜひ生で味わってほしい食材!ナマ食にぴったりなタラモサラダ(タラモサラタ)風にして、いつもと違う食感をお試しあれ!

アスパラは生で食べられる!

一年中お店に並んでいるアスパラですが、旬は4〜6月のまさに今!この時期のアスパラは、味が濃くて歯ざわりがいいのが特徴です。

ボイルしたり、ソテーするイメージが強いですが、実はアスパラって生でも食べられるってご存じですか?

冷製パスタに絡めたり、サラダにするとおいしい生アスパラ。加熱したものとはまた違う、みずみずしくてシャキッとした食感が楽しめます。

ただ、生アスパラを美味しく食べるには鮮度が命!鮮度が落ち、穂先がしなびているようなものは、青臭くスジが障るので生食に向きません。

生食は、この時期の新鮮なアスパラだけのお楽しみ。塩気の効いたたらこでタラモサラダ(タラモサラタ)風の一品に仕上げました。

『生アスパラのタラモサラダ風』の作り方

分量(2人分)

アスパラ 1束(4〜5本)
塩(板ずり用) 小さじ1
黒胡椒 少々
A たらこ ※1/2腹(1本)
A マヨネーズ 大さじ2
A オリーブオイル 2〜3滴
A すりおろしにんにく 小さじ1/4
A レモン汁 少々

※1腹は1匹からとれる魚卵の単位です。1腹=2本なので量の間違いに注意。

作り方

①アスパラは根本3〜4cmの硬い部分を切り落とす。
②ピーラーで茎の部分の皮を等間隔に剥く。
皮は全てを剥ききらずに、写真のように縦縞になるように残しましょう。皮を少し残すことで程よい食感が生まれます。
③塩を全体にまんべんなくまぶす。
④手のひらでアスパラ同士を擦り合わせて、板ずりする。
塩をまぶして擦る(板ずり)をすることで、アスパラの青臭さがぬけ、外側の硬い部分も柔らかくなります。
⑤水で塩を洗い流し、水気を切る。
⑥アスパラを薄く斜め切りする。
⑦Aをボウルに入れ、よく混ぜる。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 豚肉

煮込み料理が美味しく作れる女性って素敵ですよね♡でも、いざ作ると味がきちんとしみこまなかったり…そんな経験ありませんか?そんな方に見て欲しい、美味しい豚バラ大根のレシピを8選しました♪

パン レシピ まとめ

instagram(インスタグラム)ユーザー「utosh」さんが作るパンを使ったメニューをまとめました。朝は「パン派」という人は必見!忙しい毎日でも、たまにはゆっくりした朝食を味わってみませんか?皆さんも参考…

レシピ おつまみ まとめ

キャベツがおいしい季節です。食物繊維たっぷりでヘルシーなキャベツは、美肌にも効果がある優れもの食材!今回は、そんな女子に嬉しい食材「キャベツ」を使って簡単に作れる10種類のおつまみレシピをご紹介します。

レシピ 豆腐 まとめ

つるんとおいしい冷奴。実は少しの工夫で食べ応え十分な、メインのおかずになります。オリーブオイルをかけた洋風なものから定番の和風、韓国風まで、今回はバリエーション豊富なレシピを30選!どれも簡単な時短レシピなの…

レシピ まとめ

夏でも美味しくお肉を食べたい♪だけどちょっとバテ気味…あったかいものはヤダー…という時に、冷しゃぶが大活躍してくれます。さっぱり食べられて栄養しっかり!あなたの食欲を刺激する一品、チョイスしてみました☆…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る