4.温野菜サラダ

もやし、キャベツとブロッコリーやにんじんなど色鮮やかな野菜をさっと茹でて、明太子マヨネーズにヨーグルトを加えたドレッシングでいただく温かいサラダです。ヨーグルトを加えることで酸味が加わり、ドレッシングが重たくなりすぎず爽やかな仕上がりに! 野菜はサッと茹でることで甘味が増し、いちだんとおいしくなります。かさも減るので生よりもたくさん食べられるのが嬉しいですね。旬のお野菜をたっぷり使って作りたいですね。

メインにも!キャベもや&豚肉、鶏肉レシピ7選

脇役なイメージが強いもやしとキャベツですが、作り方次第では立派なメイン料理に仕上がります。次に、お肉と合わせたがっつりレシピをご紹介します。

1.ヒラヒラ豚ともやし蒸し

お肉とお野菜がたっぷり食べられて、シンプルながらも豚肉の旨味と野菜の甘味が感じられる、ヘルシーなメイン料理です。フライパンにキャベツ、もやし、豚肉、キャベツ、もやしの順序にのせていき、塩コショウで味を整えて、しんなりするまで蒸し焼きにするだけでOK!甘酢がきいた食欲そそる特製ごまダレでいただきます。冷蔵庫の中の余ったお野菜やキノコ類をプラスしてアレンジするのもいいですね。

2.豚肉とキャベツの重ね蒸し

キャベツの甘みと豚肉の旨味が好相性な、味噌の味付けで食欲がわくひと品です。鍋に、もやし、キャベツ、タレ、豚バラの順で重ねていき、中火で10分程度蒸し焼きにすれば完成です。お鍋ごと食卓へ運び、みんなで取り分けていただきましょう。洗い物が少なくなるのも嬉しいポイントです。気に入りのお鍋で作れば、簡単なのにオシャレなおもてなし料理としても活躍してくれそうです。

3.豚肉とキャベツの塩バター蒸し

キャベツともやしの甘みに豚肉の旨味に、糸唐辛子とブラックペッパーでピリッと辛さのアクセントを加えたちょっと大人な蒸し料理。もやし→キャベツ→長ネギ→豚肉の順に重ねていき、豚肉の色が変わったらネギと唐辛子をかけて完成です。ポン酢をつけていただきましょう。いつものあっさりしたポン酢の味にバターが絶妙なコクをプラスしてくれます。

4.キャベツともやしの塩バター炒め

食欲そそる塩バターで味付けた炒めものレシピです。もやしでかさ増しもできて、メインのおかずとしてご飯が進むこと間違いありません。お野菜のシャキッと感がなくならないよう、スピード感を大切に作りたいですね。 「塩バター」と聞くと、こってしすぎているイメージがありますが、レモン汁を加えているので後味はさっぱりしていますよ。

編集部のおすすめ