2 巨峰のコンポートのロールケーキ

浮き粉を使って作るロールケーキのレシピです。浮き粉を使えばふわふわのロールケーキのスポンジができあがるんですよ。生クリームを巻いて、巨峰のコンポートをのせれば、まったりとした甘さの中にさっぱりとした味わいを感じることができますよ。

3 餅餃子

こちらも本格中華料理。鹹水角(ハム ソイ コック)という中華点心です。少し手間はかかりますが、肉入りの餡を、ほんのり甘い皮で包み油で揚げた餅餃子です。 皮作りは浮き粉を熱湯と混ぜ合わせ練ったものと、白玉粉に砂糖を加え練ったもの、さらにラードを合わせて作ります。完成した生地はポリ袋などに入れて冷蔵庫で30分ほど寝かせておくといいそうですよ。 餡は、干しエビ、干ししいたけ、豚肉、ニラ、ネギ、生姜などの材料をフライパンで炒め、オイスターソースやしょう油などの調味料で味付けをします。食材に火が入ったら、とろみを付けます。浮き粉を使った皮で包んで揚げれば完成。揚げるときは低温から徐々に温度を上げていくのがポイントです。

浮き粉を使った料理に挑戦してみよう!

浮き粉について、いかがでしたか?これまでは使ったことがないという方がほとんどだったかもしれませんね。独特のもちもち感は他の粉とはまた別の食感があるようですから、今回の内容を参考に、よかったら使ってみてくださいね。 上品な見た目の透け感のある餃子や、ふんわりと仕上げたい中華団子などにおすすめです。人を招く際や、ホームパーティーの持ち寄りなどのときに、浮き粉を使って本格中華料理を作ってみるのもよいかもしれません。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ