楽しみが広がる!ハンバーグに合うスープ【レシピ付】17選

子供から大人まで大好きなハンバーグには、どんなスープをつけ合わせていますか?ハンバーグとスープでバランスのよい献立は?今回は定番スープから意外な材料を使ったスープまで、ハンバーグと合わせて食べたいスープをレシピ付きでご紹介します!

2018年11月9日 更新

ハンバーグに合うスープレシピ

ハンバーグといえば誰もが大好きなメインディッシュですよね。今日の献立がハンバーグだと知っただけで、幸せな気分になる人も多いでしょう。

でも、そんなハンバーグの付け合わせで悩んだことありませんか?スープなら簡単だけれども、いつもおなじようなものばかりで、レパートリーが広がらない……なんて方も多いはず。

そこで今回は、ハンバーグの種類に合わせて、オススメのスープを紹介いたします。

定番のブイヨンベース

まず、スープと言えば、シンプルなブイヨンベースです。
ブイヨンは牛肉、鶏肉、魚、またはそれらの骨やすじ肉などにセロリ、玉ねぎ、 にんじんなどの香味野菜、香辛料を加え、時間をかけてうま味を煮出し、こすことで出来上がります。野菜の甘さがスープの味を邪魔をせず、とても使いやすいのが特徴。

ちなみにブイヨンはフランス語でだし汁を意味し、日本の鰹や昆布だしのように、スープや煮込み料理を作る際に用いられます。
そしてここでは、そんなブイヨンベースの定番スープレシピをご紹介します。

新じゃがのオニオンスープ

新たまねぎや新じゃがいもなどの春野菜を使ったスープレシピです。

まず、材料の野菜をカットし、玉ねぎは耐熱ボウルに入れて電子レンジで加熱します。フライパンでニンニクを炒め、そこに玉ねぎも加えて飴色の玉ねぎを作ります。じゃがいもと人参も加え、白ワインや顆粒コンソメなどを入れて強火で煮ます。沸騰したら弱火にし 塩胡椒で味を調えたら完成です。

あめ色になるまで玉ねぎを炒め、甘さが増したオニオンスープはやはり定番ですよね。また皮が薄くて、みずみずしさが特徴の新じゃがいもを加えてることで、ほくほくとした食感も楽しめますよ。

白いガーリックスープ

白いガーリックスープはスペインの代表的なスープで、スペインでは日本のお味噌汁にも相当するようです。

ニンニクは皮をむき、縦半分に切って芽を取ります。小鍋にオリーブ油と一緒に入れ、薄いキツネ色になるまで揚げたら冷まします。サンドイッチ用のパンはクルトン用として小さく切り、揚げ油で揚げて油を切ります。スープの材料は鍋に入れて火にかけ、ビーフブイヨンを煮溶かし、皮をとったバゲットをつけ、ふやかします。

ミキサーにニンニク入りのオリーブ油、バケット入りスープを入れて撹拌し、鍋に入れて強火にかけます。塩少々で味を整え、卵黄水を少しずつ加えてよく混ぜ合わせたら完成です。

このガーリックスープはコクがあって、かつなめらかな舌触りが特徴的です。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう