ローディング中

Loading...

子供から大人まで大好きなハンバーグには、どんなスープをつけ合わせていますか?ハンバーグとスープでバランスのよい献立は?今回は定番スープから意外な材料を使ったスープまで、ハンバーグと合わせて食べたいスープをレシピ付きでご紹介します!

ハンバーグに合うスープレシピ

ハンバーグといえば誰もが大好きなメインディッシュですよね。今日の献立がハンバーグだと知っただけで、幸せな気分になる人も多いでしょう。

でも、そんなハンバーグの付け合わせで悩んだことありませんか?スープなら簡単だけれども、いつもおなじようなものばかりで、レパートリーが広がらない……なんて方も多いはず。

そこで今回は、ハンバーグの種類に合わせて、オススメのスープを紹介いたします。

定番のブイヨンベース

まず、スープと言えば、シンプルなブイヨンベースです。
ブイヨンは牛肉、鶏肉、魚、またはそれらの骨やすじ肉などにセロリ、玉ねぎ、 にんじんなどの香味野菜、香辛料を加え、時間をかけてうま味を煮出し、こすことで出来上がります。野菜の甘さがスープの味を邪魔をせず、とても使いやすいのが特徴。

ちなみにブイヨンはフランス語でだし汁を意味し、日本の鰹や昆布だしのように、スープや煮込み料理を作る際に用いられます。
そしてここでは、そんなブイヨンベースの定番スープレシピをご紹介します。

新じゃがのオニオンスープ

新たまねぎや新じゃがいもなどの春野菜を使ったスープレシピです。

まず、材料の野菜をカットし、玉ねぎは耐熱ボウルに入れて電子レンジで加熱します。フライパンでニンニクを炒め、そこに玉ねぎも加えて飴色の玉ねぎを作ります。じゃがいもと人参も加え、白ワインや顆粒コンソメなどを入れて強火で煮ます。沸騰したら弱火にし 塩胡椒で味を調えたら完成です。

あめ色になるまで玉ねぎを炒め、甘さが増したオニオンスープはやはり定番ですよね。また皮が薄くて、みずみずしさが特徴の新じゃがいもを加えてることで、ほくほくとした食感も楽しめますよ。

白いガーリックスープ

白いガーリックスープはスペインの代表的なスープで、スペインでは日本のお味噌汁にも相当するようです。

ニンニクは皮をむき、縦半分に切って芽を取ります。小鍋にオリーブ油と一緒に入れ、薄いキツネ色になるまで揚げたら冷まします。サンドイッチ用のパンはクルトン用として小さく切り、揚げ油で揚げて油を切ります。スープの材料は鍋に入れて火にかけ、ビーフブイヨンを煮溶かし、皮をとったバゲットをつけ、ふやかします。

ミキサーにニンニク入りのオリーブ油、バケット入りスープを入れて撹拌し、鍋に入れて強火にかけます。塩少々で味を整え、卵黄水を少しずつ加えてよく混ぜ合わせたら完成です。

このガーリックスープはコクがあって、かつなめらかな舌触りが特徴的です。

もずくのスープ

お次は、サッパリとした酸味が特徴のもずくスープです。

ニンジンは皮をむいてせん切りにし、水煮タケノコはくし形に切り、熱湯を回しかけます。
鍋にスープの材料、ニンジンを入れて中火にかけ、沸騰したら水煮タケノコ、もずくも入れて味を整え、加熱すれば完成です!

とても簡単ですよね。ボリューミーなハンバーグにあっさりとしたスープを添えれば、お口直しになりますよ。
▼ブイヨンベースの「ボルシチ」なら彩りもばっちり!

クリームベースのミルキースープ

温かいスープの定番といえばクリームスープ。今日は冷えるな……という寒い夜などに飲むと、ほっこりと体が温まること間違いなしです。そんなおいしいクリームスープのレシピをご紹介します。

コーンクリームスープ

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おつまみやメインに変身!余った餃子のタネのアレンジレシピ6選

餃子を作っていて「タネが余っちゃった!!どうしよう…。」なんて経験ありませんか??あわてる必要はありません!タネが余っても大丈夫!餃子以外にもいろいろ使えるタネのアレンジレシピをご紹介します!

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

和風にも洋風にもなっちゃう♪「親子丼」アレンジレシピ8選♪

とろっとろの卵の親子丼、個人的にはもう大好きでして。外で食べるより家でつくって食べるほうが好きなんですけども、皆さんアイディアいっぱいに親子丼をアレンジしていますよ。変幻自在の卵ゆえ、いろんな親子丼があります…

まろやかな酸味に一目惚れ♪「レモンカード」の作り方&活用レシピ10選

イギリス発祥の「レモンカード」。生のレモンよりもまろやかで、味わいやすいクリームです。今回は、そんなレモンカードの作り方や活用レシピなどをまるごとご紹介!工程はシンプルで簡単なので、ぜひ一度作ってみてください…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

その差は4倍!保存する場所で変わる味噌の正しい賞味期限

味噌の賞味期限は保存方法によって、大きく変わってしまうことをご存知でしょうか?保存方法によっては、最大で約4倍もの差が出てしまうんです。今回は味噌の賞味期限を知ることで、そのおいしさを正しく保つ保存方法をご紹…

アイルランド版肉じゃが?「アイリッシュシチュー」は日本人も親しみやすい料理と評判

アイルランドの郷土料理で一番有名なのが「アイリッシュシチュー」。ラム肉とお野菜をことこと煮込んだ、体あたたまるシチューです。ここではそんなアイリッシュシチューのレシピやおいしいお店をご紹介します。ヨーロッパの…

注いだ瞬間に凍る?「みぞれ酒」は、新感覚の飲みやすい日本酒

「みぞれ酒」をご存じでしょうか?日本酒をシャーベット状に凍らせた新感覚の飲み方です。会席のコースなどに出てくることが多いのですが、実は自宅でも作ることができちゃうんです。そんな「みぞれ酒」の魅力や作り方につい…

ページTOPに戻る