楽しみが広がる!ハンバーグに合うスープ【レシピ付】17選

子供から大人まで大好きなハンバーグには、どんなスープをつけ合わせていますか?ハンバーグとスープでバランスのよい献立は?今回は定番スープから意外な材料を使ったスープまで、ハンバーグと合わせて食べたいスープをレシピ付きでご紹介します!

ハンバーグに合うスープレシピ

ハンバーグといえば誰もが大好きなメインディッシュですよね。今日の献立がハンバーグだと知っただけで、幸せな気分になる人も多いでしょう。

でも、そんなハンバーグの付け合わせで悩んだことありませんか?スープなら簡単だけれども、いつもおなじようなものばかりで、レパートリーが広がらない……なんて方も多いはず。

そこで今回は、ハンバーグの種類に合わせて、オススメのスープを紹介いたします。

定番のブイヨンベース

まず、スープと言えば、シンプルなブイヨンベースです。
ブイヨンは牛肉、鶏肉、魚、またはそれらの骨やすじ肉などにセロリ、玉ねぎ、 にんじんなどの香味野菜、香辛料を加え、時間をかけてうま味を煮出し、こすことで出来上がります。野菜の甘さがスープの味を邪魔をせず、とても使いやすいのが特徴。

ちなみにブイヨンはフランス語でだし汁を意味し、日本の鰹や昆布だしのように、スープや煮込み料理を作る際に用いられます。
そしてここでは、そんなブイヨンベースの定番スープレシピをご紹介します。

新じゃがのオニオンスープ

新たまねぎや新じゃがいもなどの春野菜を使ったスープレシピです。

まず、材料の野菜をカットし、玉ねぎは耐熱ボウルに入れて電子レンジで加熱します。フライパンでニンニクを炒め、そこに玉ねぎも加えて飴色の玉ねぎを作ります。じゃがいもと人参も加え、白ワインや顆粒コンソメなどを入れて強火で煮ます。沸騰したら弱火にし 塩胡椒で味を調えたら完成です。

あめ色になるまで玉ねぎを炒め、甘さが増したオニオンスープはやはり定番ですよね。また皮が薄くて、みずみずしさが特徴の新じゃがいもを加えてることで、ほくほくとした食感も楽しめますよ。

白いガーリックスープ

白いガーリックスープはスペインの代表的なスープで、スペインでは日本のお味噌汁にも相当するようです。

ニンニクは皮をむき、縦半分に切って芽を取ります。小鍋にオリーブ油と一緒に入れ、薄いキツネ色になるまで揚げたら冷まします。サンドイッチ用のパンはクルトン用として小さく切り、揚げ油で揚げて油を切ります。スープの材料は鍋に入れて火にかけ、ビーフブイヨンを煮溶かし、皮をとったバゲットをつけ、ふやかします。

ミキサーにニンニク入りのオリーブ油、バケット入りスープを入れて撹拌し、鍋に入れて強火にかけます。塩少々で味を整え、卵黄水を少しずつ加えてよく混ぜ合わせたら完成です。

このガーリックスープはコクがあって、かつなめらかな舌触りが特徴的です。

もずくのスープ

お次は、サッパリとした酸味が特徴のもずくスープです。

ニンジンは皮をむいてせん切りにし、水煮タケノコはくし形に切り、熱湯を回しかけます。
鍋にスープの材料、ニンジンを入れて中火にかけ、沸騰したら水煮タケノコ、もずくも入れて味を整え、加熱すれば完成です!

とても簡単ですよね。ボリューミーなハンバーグにあっさりとしたスープを添えれば、お口直しになりますよ。
▼ブイヨンベースの「ボルシチ」なら彩りもばっちり!

クリームベースのミルキースープ

温かいスープの定番といえばクリームスープ。今日は冷えるな……という寒い夜などに飲むと、ほっこりと体が温まること間違いなしです。そんなおいしいクリームスープのレシピをご紹介します。

コーンクリームスープ

コーンクリーム缶を利用した、簡単に作れるクリームスープです。コーンクリーム缶だけでも、もちろんおいしいのですが、あえてこれをベースにして、生クリームと牛乳を加えてひと手間かけましょう!

食材のタマネギとブロッコリー、ベーコンをそれぞれカットし、タマネギとベーコンを炒めます。次に水とコンソメを加えて蓋をし、しばらく煮込みます。そこにコーンクリーム缶、牛乳、生クリーム、ブロッコリーを加え、塩で味を調えながら胡椒をふれば完成です!

野菜は他にじゃがいもやにんじんなどを入れると、さらにクリーミィでミルキーな味わいになりますよ。

たらこのクリームスープ

洋食にも和食にも合う、たらこのクリームスープです。

まず固形コンソメはお湯で、片栗粉は水で溶かしておきます。たらこは皮から剥いでおきます。次に、鍋に牛乳を入れてコンソメスープと合わせて温めます。さらに、たらこ、生クリームを入れて温め、醤油を入れて味を調整します。最後に水溶き片栗粉をいれたら完成です。

お皿に盛る際、お好みで茹でたほうれん草やマカロニを入れるとさらに彩りよくおいしくなります。またアレンジで、スープパスタにしてもおいしくいただけますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう