ヒレ

ヒレの特徴はなんと言っても肉質のやわらかさです。厚切りにしてやわらかさを実感しましょう。むしろ、薄切りでは味わいが半減してしまい、もったいないくらいです。

ロース

馬刺しでもっともよく食べられる部位は、ロースです。赤身と霜降りのバランスがよく、良質でやわらかいため、人気のある部位です。比較的、やわらかいので、少し厚めでもおいしくいただけますよ。霜降りなのに、さっぱりといただけるのが特徴です。

モモ

カロリーが低く、鉄分が豊富なので、女性にはぜひ食べてほしい部位ですね。肉質がしっかりしており、やや歯ごたえがあるため、食べやすく薄切りにしましょう。脂肪が少なく、赤身そのものの味わいがしっかり楽しめるのが特徴です。

バラ

馬刺しの中でももっとも脂肪が多い、いわゆる「霜降り」と呼ばれる部位です。モモほど厚みがないため、さくの状態のものをカットする際は、斜めに包丁を入れてななめ切りしましょう。さっと炙っても、ジューシーさを楽しめるんです。

コーネ(たてがみ)

「コーネ(たてがみ)」は馬肉の中でも人気のある部位で、馬にしかない希少な部位です。脂分とゼラチン質が多く含まれています。真っ白なお肉は、甘みや歯ごたえがありますが、口に含むととろけるようで、刺身で味わうのが一番です!油はあっさりとしていて、赤身と一緒に食べるとよりおいしく味わえますよ。

フタエゴ

「フタエゴ」はあばら部分の3層肉=バラの部分で、馬1頭からわずかしか取れません。また、馬肉にしかない希少部位です。コリコリとした歯ごたえのある食感は、刺身やユッケで食べるのにもってこい。ぜひ味わっていただきたい部位です。

編集部のおすすめ