大葉と玉ねぎと一緒に

せっかくの馬刺しですから、刺身のように盛り合わせましょう。立体感を出すために、つまも用意してください。おすすめは何といっても、大葉とスライスした玉ねぎです。この大葉と玉ねぎを馬刺しと一緒に食べるのも、熊本では定番の食べ方です。 皿に盛り付けた時の、見た目や彩りをよくする効果だけではありません。一緒に食べることで、玉ねぎの辛味と馬刺しの甘みが一体化して、絶妙な味わいになります。食べ方は、馬刺しで玉ねぎと大葉をくるみ、お好みのたれにつけていただきます。 しゃきしゃきとした食感も良いですね。野菜と一緒に食べれば、栄養バランスも申し分なし。食べすぎ、胸やけ予防にもなりますよ。このように、いろいろなたれや薬味で、自分に好みの食べ方を見つけるのも楽しいですね。

上手な解凍方法

続いて、冷凍された肉の解凍方法をご紹介します。解凍が上手にできないと、せっかくの馬刺しが台なしになってしまいますよ。

流水で解凍

冷凍の馬肉を食べる時には、まず解凍をしましょう。 真空保存されているパックは開封せずそのままで、約5~10分間流水につけてじっくり解凍します。水に浸す時間は、季節や外気温により異なってきますが、真ん中に芯が残る程度になればOKです。 完全に解凍させるより、半解凍のほうが薄くスライスしやすいですよ。

電子レンジでの解凍はNG

時間がないからと、ついやってしまいがちな電子レンジでの解凍ですが、これはやめてください。せっかくの馬刺しのうまみ成分やほどよい脂肪分が抜け出してしまいます。また、馬肉は融点が低いため、冷凍庫から出して常温で解凍することも、おすすめできません。

【部位別】馬刺しの切り方

人が集まる機会があれば、馬肉をお取り寄せして、食べ比べをしてみましょう。きっと喜ばれるはずです。今では通信販売で、さまざまな部位を少しずつ購入することが可能です。馬刺しは、切り方、厚みによって味わいも変わってきますから、しっかり押さえておきましょう。

では、馬刺しにするには、どの部位のお肉がベストなのでしょうか?部位ごとにどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

はじめに

大きなブロック肉を購入した場合、まずは適度な大きさにカットします。この時は、肉目に並行に包丁を入れてください。次に、食べやすい大きさにカットしていきます。おさえておきたいポイントは3つです。

1. 肉は半解凍の状態で包丁を入れましょう
2. 今度は先ほどとは逆に、必ず肉目に対して垂直に包丁をいれます。2ミリくらいの薄切りにし、サシがきれいに見えるようにカットしましょう
3. やわらかめの部位は厚めがおすすめです

また、生でいただくお肉なので、まな板も包丁も消毒・殺菌した清潔なものを用いてくださいね。

編集部のおすすめ