プロが丁寧に教える♩「スワンシュー」のとっておきレシピ&作り方のコツ!

SNSにぴったりなフォトジェニックなスイーツ「スワンシュー」のレシピ&作り方のコツを製菓衛生師の資格をもつ筆者が詳しくご紹介します。東京近郊でもスワンシュー食べられるお店もご紹介!おしゃれ&かわいいスワンシューでリッチなティータイム♩

まるで芸術品のようなスイーツ!

スワンシューの全体図

Photo by kii

近頃、料理はおいしいだけではなく、美しさやおしゃれ感も大切となっています。インスタグラムやツイッターといったSNSに、素敵な料理写真をアップをしている方も多いですよね。

SNSにアップするのにぴったりなフォトジェニックなスイーツが話題となっています。それがこちらの「スワンシュー」です。とてもかわいらしい見た目で、女性の心をわしづかみにしています。

今回は、このスワンシューの作り方&東京近郊で食べられるお店をご紹介します!あなたも「スワンシュー」をSNSでアップして、お友達に自慢しちゃいましょう♩

ブーム到来⁉︎「スワンシュー」

こちらがおしゃれ女子のなかで話題となっている「スワンシュー」です。ふわふわな生クリームは、まるでほんとうの羽毛のよう。お店のスワンシューは、形の関係上クリームがたっぷりなものが多いです。クリーム好きにはたまりませんね。
3羽のスワンシュー

Photo by kii

実際に食べたひとは、「おしゃれな見た目でSNSにもぴったり!」、「かわいすぎて食べるのがもったいない」、「どこから食べてよいのか迷ってしまう」……など、その見た目にときめいているようです。

気になる!スワンシューの作り方

スワンシューの作り方

Photo by kii

美しい姿がとても魅力的なスワンシュー。いったいどのように作られているのでしょうか?ここからは、スワンシューの作り方を詳しくご紹介していきます。

シュー皮がとてもおいしいので、ホイップ済みの生クリームでも本格的な味を楽しめますよ!もちろん、ご自分で作ったお好きなクリームでもOKです。

材料(8個分)

スワンシューの材料

Photo by kii

・水 50g
・牛乳 50g
・バター 50g
・グラニュー糖 小さじ1
・塩 指3本でひとつまみ
・薄力粉 50g
・溶き卵 2個分

※生クリーム(ホイップ済みのもの) 250㏄

作り方

1. 下準備をする。
下準備をする

Photo by kii

薄力粉をふるいます。
2枚のクッキングシート

Photo by kii

シュー生地を均等に絞ることができるように、クッキングシートに目安をつけておきます。筆者の家のオーブンの天板は丸型なので、クッキングシートを丸く切って、折り目をつけました。

※スワンの胴体を8個分、首は折れやすいので多めに12個分にしています。首は、形がよいのを選べるように多めに作っておくとよいですよ。
小さめのクッキングシート

Photo by kii

絞り袋も2種類用意しておきます。首用の小さめのものはクッキングシートで作りました。

※口金の直径
胴体用:約1.5cm、首用約0.5cm

クッキングシートで作る絞り袋は、下記を参考にしてくださいね。
小さくカットされたバター

Photo by kii

バターは小さくカットしておきます。大きいままですと溶けるまでに時間がかかって、水分量が変わってしまうので注意してください。
生地を絞ったらすぐに焼けるように、オーブンを200℃で余熱しておきます。
2. 薄力粉、溶き卵以外の材料を加熱する。
ボウルの中

Photo by kii

水、牛乳、バター、グラニュー糖、塩を鍋に入れて加熱します。

※鍋は、底が厚いものを使いましょう。火がじんわりと入るので、生地を焦がさずにしっかりと火を通すことができます。
3. 薄力粉を加えて混ぜる。
薄力粉を加えて混ぜる

Photo by kii

バターを完全に溶かして沸騰させます。
バターを溶かした生地

Photo by kii

沸騰したら、火からおろして薄力粉を加えます。

火にかけながらですと、水分が飛び過ぎてしまうことがあります。失敗しないように、一度火からおろすのがおすすめです。
生地をねっている

Photo by kii

最初はぽろぽろと生地にまとまりがありません。しっかりと混ぜていくと、生地がひとつにまとまります。
まとめている様子

Photo by kii

生地がまとまったら、再び火にかけます。しっかりと混ぜながら加熱します。なべ底に薄く膜がはったらOKです。

※焦げないようにしっかりと混ぜてください。
4. 溶き卵を加えていく。
溶き卵を加えていく

Photo by kii

生地をボウルに移して、溶き卵を加えていきます。まず1/2くらい入れます。
ボウルと生地

Photo by kii

このように最初は分離します。いったいになるまで、しっかりと混ぜます。完全に混ざったら、少しずつ溶き卵を加えて混ぜていきます。
へらについた生地

Photo by kii

木べらで生地をすくってみて、生地の固さを確認します。これは生地が固いので、溶き卵を加えてください。
ボウルで混ぜている様子

Photo by kii

溶き卵を入れすぎて緩くなってしまうと、もとに戻すことができません。ある程度緩くなってきたら、スプーンで少しずつ加えて調整します。
木べらと生地

Photo by kii

木べらですくった生地が重さで下に落ちて……
生地が三角になっている様子

Photo by kii

木べらに残った生地が、▽になったらOKです。
5. 胴体を絞って焼く。
胴体部分

Photo by kii

大きめの絞り袋にシュー生地を2/3くらい、小さめの絞り袋に残りの1/3を入れます。

まず胴体を絞って焼きます。時間をおいてしまい生地の温度が下がってしまうと膨らみません。必ず胴体から作業を進めてください。
絞り袋と生地

Photo by kii

絞り袋の先を1cmくらい浮かして絞ります。
絞り生地と生地

Photo by kii

2cmくらいの太さになったら……
作り方

Photo by kii

そのままの太さを維持するように、絞り袋を動かしていきます。太さ2cm×長さ5㎝に絞ります。
作り方

Photo by kii

最後は力を抜いて、流すイメージで……
絞りから生地ができった状態

Photo by kii

斜め上に引き上げます。同様に8個絞ります。
作り方

Photo by kii

霧吹きをして、生地を焼きます。

200℃で15~20分、180℃で10~15分です。お使いのオーブンによって、時間が変わってきますので調整してください。

焼き上げるまでオーブンは開けないでください。生地がしっかりと焼き固まる前に、冷たい空気に触れてしまうとしぼんでしまいます。
焼きあがった生地

Photo by kii

焼けたら、網の上で冷ましておきましょう。
6. 首を絞って焼く。
絞りきった生地

Photo by kii

胴体をオーブンで焼いている間に首を絞ります。

S字に絞っていきます。Sの下側から絞っていき……
S字の生地

Photo by kii

頭の部分まできたら、そこで絞り袋を止めます。そのまま生地をさらに絞ると丸くなっていきます。
作り方

Photo by kii

丁度よい大きさまで絞れたら、力を抜いて……
スワン型の生地

Photo by kii

斜め下に流すイメージで生地を切ります。

これを12個分繰り返します。予備の分も作っておきましょう。霧吹きをして、180℃のオーブンで10~15分焼きます。焼けたら、網の上で冷ましておきましょう。
7. 組み立てて完成!
作り方

Photo by kii

生地がしっかりと冷めたら、組み立てていきます。冷めないうちにカットしてしまうと、生地がボロボロになってしまいます。

まずは胴体をカットしていきます。
二つの生地

Photo by kii

厚さが半分になるようにカットします。
カットした生地

Photo by kii

焼いたときに上になっていた方を、さらに縦半分にカットします。
縦半分の生地

Photo by kii

お好みのクリームを絞っていきます。今回は、市販のホイップ済みの生クリームを使いました。
ホイップをのせた生地

Photo by kii

まずは、真ん中に1本絞ります。
ホイップと生地

Photo by kii

さらにそのサイドに2本絞ります。
作り方

Photo by kii

最初に絞った真ん中の上に、追加でもう1本絞ります。

※正面から見ると、△になります。
作り方

Photo by kii

縦半分にカットしたものを、翼に見立ててつけます。このとき、斜めにつけるのがポイント!躍動感がでて、よりスワンっぽくなりますよ。
スワンシューの完成図

Photo by kii

最後に首をつけて……完成です!チョコペンでお顔を書いても素敵です。

シュー生地作りのポイント3

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう