レンジを使えばたったの3分!豆腐の水切りを簡単にしてくれるテク4つ

豆腐の水切り、忘れていませんか?水切りをすることでお料理の味がぐんとよくなるのですよ。レンジの時短テクから簡単にできる方法まで、一挙にお伝えします。水切りをしてできる豆腐レシピも併せてご紹介!ぜひ参考にしてくださいね。

2019年1月24日 更新

豆腐を時短で水切りしたい!

豆腐は低カロリーで高タンパクの栄養満点の食品で、ダイエットに役立つと言われています。豆腐の約90%は水分でできており、しっかりと水を抜かないと調理の際に水が出て味付けが薄まったり、豆腐自体が崩れたりしてしまいます。

お料理をする際に、よくレシピでも見かけるのが豆腐の水切りです。豆腐を水切りすることにより、水分を飛ばすことができます。しかし、どうしても忘れがちな豆腐の水切り……きちんとしないとべちゃべちゃになってしまい、せっかく作ったお料理がおいしくないですよね。そのような水切りの時間を短縮する方法はあるのでしょうか?

水切りをする理由とは?

みなさんは、なぜ豆腐の水切りが必要なのだろうと疑問に思ったことはありませんか?おいしくするためなのでしょうか?それとも、調理をしやすくするためなのでしょうか?

じつは、理由はとても単純なんですよ。

料理が水っぽくなる

豆腐の約90%は水分であるため、水切りをしないで調理をすると、豆腐から出る水分で料理が水っぽくなってしまう。また、水切りをすることによって濃厚な味わい、独特なクリーミーさが出せることも特徴の一つです。

水切りをしたら特においしくなる料理

「麻婆豆腐」や「揚げ出し豆腐」が水切りした方がおいしくなる料理の代表格です。そのほかにも「豆腐サラダ」や「豆腐あんかけ」、「豆腐ハンバーグ」など、普段の献立になり得るメニューも多くあるんですよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう