レンジで3分!? 正しい豆腐の水切り方法&人気の活用レシピ10選

「水切りをしたはずなのに水っぽいまま」豆腐の水切りに悩む方は必見!レンジを使った時短テクからしっかり水切りできる方法まで、正しいやり方をお教えします。それぞれの水切り方法に合ったレシピも合わせてご紹介。料理によって水切り方法を変えられれば、仕上がりがぐんとよくなりますよ♪

2019年11月13日 更新

ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

【電子レンジで時短】簡単!豆腐を水切りする方法

豆腐の約90%は水分であるため、水切りをしないで調理をすると、料理が水っぽくなってしまいます。また水切りをすることで食感を変えることができ、豆腐料理のバリエーションを増やすこともできますよ。まずはいちばん簡単な、レンジを使った方法をご紹介します。

1. キッチンペーパーを2枚重ねにし、豆腐1丁を包む

キッチンペーパーで豆腐を包むことで、水切りの時間を短縮することができます。キッチンペーパーは使い捨てができ、衛生的で扱いやすいですよね。よりエコで経済的な、ふきんやガーゼなどで代用することも可能です。耐久性があり、洗って何度も使えます。お好みのものを使ってください。

2. ペーパーの重なっている側を下にし、ラップなしで(500w)で3分チン

電子レンジで水切りする場合は、たった3分加熱するだけ。加熱前と比べると、厚さが2/3程度になります。豆腐のみずみずしさを楽しみたい「サラダ」「冷奴」などにおすすめです。

【鍋でゆでる】しっかり!豆腐を水切りする方法

電子レンジよりも、しっかり水切りをしたいときは鍋でゆでましょう。水分を抜きつつもやわらかい食感を楽しみたい「豆腐ハンバーグ」や「揚げ出し豆腐」などにおすすめです。

1. 豆腐を切り、沸騰したお湯に入れる

鍋に水を張り、沸騰させます。そのあいだに豆腐をお好みのサイズに切りましょう。

2. 豆腐をゆでる

弱〜中火にし、軽く沸騰を保ちながら5〜6分ゆでます。

特集

FEATURE CONTENTS