レンジを使えばたったの3分!豆腐の水切りを簡単にしてくれるテク4つ

豆腐の水切り、忘れていませんか?水切りをすることでお料理の味がぐんとよくなるのですよ。レンジの時短テクから簡単にできる方法まで、一挙にお伝えします。水切りをしてできる豆腐レシピも併せてご紹介!ぜひ参考にしてくださいね。

豆腐を時短で水切りしたい!

豆腐は低カロリーで高タンパクの栄養満点の食品で、ダイエットに役立つと言われています。豆腐の約90%は水分でできており、しっかりと水を抜かないと調理の際に水が出て味付けが薄まったり、豆腐自体が崩れたりしてしまいます。

お料理をする際に、よくレシピでも見かけるのが豆腐の水切りです。豆腐を水切りすることにより、水分を飛ばすことができます。しかし、どうしても忘れがちな豆腐の水切り……きちんとしないとべちゃべちゃになってしまい、せっかく作ったお料理がおいしくないですよね。そのような水切りの時間を短縮する方法はあるのでしょうか?

水切りをする理由とは?

みなさんは、なぜ豆腐の水切りが必要なのだろうと疑問に思ったことはありませんか?おいしくするためなのでしょうか?それとも、調理をしやすくするためなのでしょうか?

じつは、理由はとても単純なんですよ。

料理が水っぽくなる

豆腐の約90%は水分であるため、水切りをしないで調理をすると、豆腐から出る水分で料理が水っぽくなってしまう。また、水切りをすることによって濃厚な味わい、独特なクリーミーさが出せることも特徴の一つです。

水切りをしたら特においしくなる料理

「麻婆豆腐」や「揚げ出し豆腐」が水切りした方がおいしくなる料理の代表格です。そのほかにも「豆腐サラダ」や「豆腐あんかけ」、「豆腐ハンバーグ」など、普段の献立になり得るメニューも多くあるんですよ。

電子レンジを使った水切りの方法!

それでは、気になる豆腐の水切りの時短方法をご紹介していきましょう。いくつかありますが、最も簡単なのがレンジを使った方法です。

キッチンペーパーを使う

電子レンジで水切りを行う際、一番のポイントはキッチンペーパーを使うこと。通常の水切りだと約30分ほどかかってしまいますが、なんと驚きの3分に短縮!とても簡単な方法でできるので、今日からさっそく試していただけますよ。

手順は以下の通りです。

①キッチンペーパーを2枚重ねにし、豆腐1丁を包みます。
②ペーパーの重なっている側を下にし、ラップなしで(500w)で3分チンします。


たったこれだけで、きちんと水切りができます。加熱する前と比べると、厚さが2/3程度になります。なお、さらにしっかり水切りしたい場合は、豆腐の上に水(1カップ程度)を入れた耐熱ボールをのせて重しをするとよいですよ。

その他の水切りテクニック4選!

電子レンジとキッチンペーパーを使う時短の水切り以外にも、実はいくつかおすすめの方法があります!どれもお家にあるものばかりでできる簡単なものなので、実践してみてくださいね。

キッチンペーパーを使う(電子レンジを使用しない)

オーソドックスな方法は、豆腐をキッチンペーパーに包むだけの水切り方法です。この方法は、豆腐の水分を抜きすぎることなく、冷奴やサラダなど瑞々しさも楽しむ料理に向いています。簡単にできますが、キッチンペーパーが豆腐にくっ付いてしまう場合があるので、はがす時に注意が必要です。

ITEM

ネピア 激吸収 キッチンタオル

内容量:100カット×4ロール

¥299〜 ※2018年5月31日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

沸騰したお湯で茹でる

特集

SPECIAL CONTENTS