ローディング中

Loading...

夏の定番麺料理、「そうめん」と「ひやむぎ」。食欲のない時でもスルスル〜と食べられます。でも、この2つの違いって、意外と知られていないような……。いったいどこに違いがあるのでしょうか?夏の麺兄弟「そうめん」と「ひやむぎ」の違いに迫ります!

そうめんとひやむぎの違い、言える?

夏の食卓には欠かせない、「そうめん」と「ひやむぎ」。ネギやみょうがなど、さまざまな薬味との相性もバッチリで、ちょい足しアレンジもしやすく、夏はもちろんのこと季節を問わず食べられている方も多いのではないでしょうか?我が家では夏はもちろん、秋冬でも煮麺としてたびたび食卓に並びます。

ところでみなさんは、この2つの違ってご存じですか?素材や形、調理方法や食べ方などなど、一見同じようで全く違うそうめんとひやむぎについて調べてみました!

そうめんとひやむぎの違いは、これ!

太さの違い

「そうめん」と「ひやむぎ」の違いで、まず直感的に感じられるのは太さではないでしょうか。
農林水産省が定めるJAS規格によると、「手延べ」と「それ以外(機械製法など)」によって区分けされています。

まず、機械製法やオートマチック製法と呼ばれる規格では、下記のように定められています。

・長径が1.3ミリ未満のものは「そうめん」
・1.3ミリ以上、1.7ミリ未満のものは「ひやむぎ」


とは言え、1ミリ以下の違いですし、素人ではなかなか区別ができないかもしれませんね。

一方、職人さんのワザが光る手延べ製法に区分される規格は、以下となります。

・長径が1.7ミリ未満のものは、「手延べそうめん」または「手延べひやむぎ」

手作業に1ミリ以下の求めるのは厳しいからか、機械製法と比べると大らかな規格になっていることが分かります。また、手延べ製法の場合は「手延べ」の文字をつけるルールもあるそうです。

製法の違い(伸ばすか切るか)

次は、その製法の違いを見ていきましょう。

そうめんは小麦粉と塩と水を混ぜたものを練り上げ、細く伸ばして仕上げ天日干しにして作るものだそうです。また、細く伸ばす過程では麺が乾燥しないように油やでんぷんを塗っていたこともあるのだとか。一方、ひやむぎは、小麦粉と塩と水を混ぜたものを練り上げるまでは同じです。そうめんの様に伸ばすのではなく、細く切って麺状に成形するものだそうです。

現在では、そうめんもひやむぎも製麺機を使って作られることが多く、単純な製法だけで区別されているわけではないようです。

カロリーの違い(100gあたり)

最後に気になるカロリーの違いを見ていきましょう。どちらも喉越しが良くツルツル〜っと、ついつい食べすぎてしまいますよね……。こちらも機械製法と手延べ製法で若干の違いがあるようなので比較してみました!

機械製法の場合(100gあたり)
・そうめん 約370kcal
・ひやむぎ 約340kcal


手延べ製法の場合(100gあたり)
・そうめん 約335kcal
・ひやむぎ 約330kcal


どちらも「手延べ製法」が低カロリーという結果になりましたね。これは、技術の進歩によって油や脂肪分を抑えても細く仕上げることが可能になったことや、コシを出すために低カロリーの塩分が使われていることが理由だそうです。
▼そうめんのおすすめの薬味が知りたい方は、チェック!

ひやむぎは、そもそもうどんだった!?

先ほど「そうめん」も「ひやむぎ」も小麦粉と塩と水が原材料だと述べましたが、同じ原材料で作られる麺類がまだありますよね?

そう、みなさんご存じの「うどん」です!

「ひやむぎ」はもともと「うどんの一種」と分類されていました。一般的には「うどんの細いもの」として認識されていたようです。うどんを細く切って作ることから「切り麦(きりむぎ)」と呼ばれるようになりました。

そして、切り麦を温めて食べるものを「熱麦(あつむぎ)」と呼び、冷やして食べるものが「冷麦(ひやむぎ)」と呼ばれるようになったと言われています。

ひやむぎの材料は、うどんと同じ

こうしてみると「ひやむぎ」と「うどん」は基本的な材料は同じですし、その発祥からも兄弟のような存在なのかもしれませんね。

「そうめん」は小麦粉と塩と水に加えて油やでんぷんを使ったり、切らずに伸ばして仕上げるなど調べてみると確かな違いがあることが分かりました。見た目はソックリな「そうめん」よりうどんの方が「ひやむぎ」に近いとはちょっと驚きでした!
▼そうめんに合わせるおかずなら、こちら!

色付き麺は、ひやむぎだけ!?

夏の麺といえば、あの色付き麺ですよね!なんと、あの色付き麺は、ひやむぎだけにしか入っていないそうです。子供の頃、あの色付き麺が自分の器に入っていると嬉しい気持ちになったのを覚えています。今思えばあの頃食べていた麺は、ひやむぎだったことになりますね。

パッと見では職人さんでも見間違えることもあったようで、しっかりと区別するために、ひやむぎだけに色付き麺を入れて区別していたそうです。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【東京】ダイエット女子必見★カロリーが気にならない・ノーミートヘルシーバーガー登場♪

ダイエット女子の強い味方、ヘルシーフード。今回はなんと、肉を使わないのに美味しいノーミートバーガーをご紹介!おしゃれスポット「表参道」「広尾」にそんなありがたや〜な店はあります♡ご賞味あれ!

おすすめ!お得な100円でおいしい素晴らしいローソンのスイーツたち

100円あったら〇〇へ行こう。今、100ローソンがあつい!バラエティに富んだ品揃えでおやつに、夕飯の後のデザートに。会社帰りに立ち寄ってみては?

目指せBBQマスター!今年とりたい注目のモテ資格『バーベキュー検定』

バーベキュー検定試験(バーベキューマスター制度)は、日本バーベキュー協会が考案したBBQ文化を普及していく為の人材開発システム(資格制度)です。徐々にステップを踏みながら、マスターへと進化を遂げれば、貴方の人…

ピノアーモンド味ってそんなに人気あったんだ!?ピノが異例のファンサイト展開!!

個人的にピノは好きで、よく買っています。時に星の形をしたピノだったり、ハートのピノが出るなどしてツイッターでつぶやいた経験もあります♪でもしかし、ピノのバラエティーパックなどを買った経験はあるけどもアーモンド…

【武蔵小山】パン一筋26年!全国のパン職人が憧れる根本孝幸氏の”ネモベーカリー”「チキンカツサンド」は食べておきたい逸品

3月22日放送のTBS系列「知っとこ」で紹介されていた・武蔵小山にある「ネモ・ベーカリー&カフェ」 オーナーの根本孝幸氏はオーバカナルやアトリエ・ド・リーヴ等の有名ベーカリーのシェフを歴任してきた全国のパン職…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

冷凍&解凍法も!コストコ「ディナーロール」のアレンジレシピまとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

ほんとうはアメリカ人が発明していない!アメリカンフード9選

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

五感を刺激する炉端焼きの魅力と全国の超人気店を紹介

「炉端焼き」をご存じですか?炉端焼きのお店では、目の前に置かれた新鮮な魚介類や野菜から好きなものを選んで、目の前で焼いてもらえるんですよ。見て、食べておいしい炉端焼きの魅力と、各地のおすすめ炉端焼き店をご紹介…

「牛乳」の効果がすごい!毎日飲み続けて無敵の健康を手に入れよう

「イライラする……」と感じたら、コップ1杯の「牛乳」でリラックス効果を実感しましょう。牛乳に含まれるカルシウムが、副交感神経を優位にして気持ちを落ち着かせるからです。牛乳の栄養と驚くべき効果、そしてアレンジレ…

名古屋名物の「どて煮」を知り尽くす!どて焼きとの違いからおすすめレシピをご紹介!

赤みそを使い、牛すじやモツを煮込んだ名古屋名物「どて煮」。ゆで卵や野菜を入れるなど、家庭やお店によって違いますが、共通しているのは、赤みそを使うところ。そんな「どて煮」について、詳しくご紹介します。

ページTOPに戻る