スイカって野菜?果物?じつは「野菜でもあり果物」という意外すぎる事実

暑い夏には、スイカが食べたくなりますよね。みなさん、スイカが野菜と果物のどちらかをご存知ですか?果物と思われている方が多いようですが、スイカは実は野菜なのです。今回はスイカが野菜か?果物か?と保存方法、おすすめレシピをついてご紹介します。

スイカは野菜なの?果物なの?

「スイカは野菜ですか?果物ですか?」……この質問に、自信を持って答えられる方もいらっしゃるでしょう。あれ?そう言えばどちらだろうと考える方もいらっしゃるかもしれません。実際、どちらだと思われますか?

まず、スイカを購入する場合、どこで購入するか考えてみましょう。スイカは果物屋で販売されています。また、スーパーマーケットでは果物売場に並んでいますよね。食後のデザートとして食べられことも多いですし、英語ではスイカのことを「Watermelon」(ウォーターメロン)と言うことからも、スイカは果物のように感じられます。

しかし、スイカは八百屋でも販売されていますし、漬物にして食べられることもありますよね。また、メロンも野菜だいう意見もあるようです。となると、スイカは一見、果物のようにも見えるけれど、実は野菜なのでしょうか。

今回はこの「スイカは野菜か?果物か?」について調べてみました。併せてスイカのおすすめレシピもご紹介します。

結局スイカは……どっち?

スイカは野菜であり果物でもある

では、スイカは野菜と果物のどちらに分類されるのかということですが、実はスイカは分類上では野菜になります。しかし、みなさんもご存知のようにスイカは、果物として利用をされることが多いことから、単なる「野菜」ではなく「果実的野菜」として扱われています。

果実的野菜とは、なんとも曖昧な表現ですが、これは農林水産省により定められているのです。つまり、スイカは野菜でもあり果物でもあるのです。

農林水産省によると、野菜と果物の分類にはっきりとした定義はありません。生産や流通などそれぞれのラインによって、決め方が異なってしまいます。

例えば一部の卸売市場では、スイカは野菜として出回っていますが、八百屋やスーパーでは消費者が消費する形態に合わせて、スイカは「果物」として扱われているのです。

ちなみにスイカは英語で「Watermelon」(ウォーターメロン)ですが、メロンもスイカと同じく「果実的野菜」として扱われています。

じつは、いちごも同じ

真っ赤に熟したいちごの甘酸っぱさは、とてもおいしくて、ショートケーキやパフェなどのデザートにはなくてはならない存在です。子供から大人にまで大人気ですよね。しかし、この果物の代表のようないちごも、実はスイカやメロンと同じ「果実的野菜」に分類されているのです。これには、びっくりしますね。
▼スイカは切り方次第で、こんなに変わる!

そもそも野菜と果物の違いって?

スイカ、メロン、イチゴまでもが「果実的野菜」に分類されることをご紹介しましたが、では一体、野菜と果物の違いって何なのでしょうか。先ほどご紹介したように、明確な定義はないのですが、生産分野においての分類は、一般的に次のような特性で分けられるようです。

野菜の特性

1. 田畑で栽培されているもの
2. 主食ではなく、副食物として食べられるもの
3. こんにゃくのように加工することを前提としないもの(漬物のように原料の形がはっきり残っているものは含まない)
4. 一年生草本類と言われ、種子から発芽し、生長して花が咲き、実ができて、種子を残し枯れるまでの期間が一年以内の植物から収穫される果実

果物の特性

1. 永年生作物と言われ、一度植え付けておけば、数年にわたって毎年収穫ができるもの
2. 木本性の樹木から収穫される果実
このように分類されると、確かにスイカは野菜になるようですね。しかし、私たちの食生活の中ではスイカは果物として認知されていますから、果物として考えてもいいようです。

スイカの保存方法

次に、スイカをおいしく食べるために、スイカの保存方法をご紹介しましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS