10. 牛乳パックできな粉のういろう

きな粉風味も、和菓子ではポピュラーな味のひとつですね。そんなきな粉と小麦粉、砂糖で作る黄色いういろうのレシピで、耐熱容器の代わりに牛乳パックを使用。取り出すときもきれいにはがれるうえ、洗い物が少なくて済みます。

11. ほんのりピンクがかわいいういろう

上白糖で作れば白色、黒糖で作れば黒色のういろうができるなら、ピンクの砂糖でピンク色のういろうを作ってみましょう。色がついた砂糖は市販されていますが、なければ砂糖+食紅でもOK。

すでに紹介した抹茶ラテういろうとこのピンクういろう、白いういろうをそろえれば、ひな祭りにぴったりですね。

12. お茶で作るういろう

自販機で手軽に購入できる、缶入りお茶飲料で作るういろうのレシピです。抹茶ほど濃厚ではないですが、ほんのりお茶の香りがするやさしい味わい。ほうじ茶や煎茶、紅茶などの缶入り飲料で、アレンジすることも可能ですよ。さっぱりしているので、食後のデザートにおすすめします。

13. 上新粉で作るつぶあんういろう

生地の材料は小麦粉ではなく、上新粉を使用します。上新粉とは米粉と同じうるち米を製粉したものです。市販のういろうは、米粉や上新粉、小麦粉などを配合して作られます。

そんな上新粉を材料にするので、もちもち食感は抜群。さらにつぶあんを加えるため、いかにも和菓子らしい味わいを堪能できるういろうです。

14. 子どもが喜ぶカルピスういろう

こちらも市販のカルピス飲料を、小麦粉の生地に混ぜる作り方。市販の飲料は甘さ控えめなので、砂糖を加えるほうが良いですよ。おうちにカルピスの原液があるなら、好みの濃度に薄めて使ってもかまいません。

ういろうをはじめ素朴な味わいの和菓子は、子どもに好かれないことが多いもの。カルピスの味に馴染んでいる子どもなら、きっと喜んで食べてくれるのではないでしょうか。

15. 色鮮やかなブルーベリーういろう

おもてなしにもぴったりな、ブルーベリー入りの色鮮やかなういろうです。レシピでは冷凍ブルーベリーを使いますが、生のものやコンフィチュール、ジャムでもOK。いちごジャムや柑橘類のマーマレードでも、アレンジできそうですね。

小麦粉と砂糖のほか、レモン果汁を加えるのがポイント。さわやかで酸味のある味わいがたまりません。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ