絶妙な苦み!あしたばの食べ方とおいしいレシピ18選

あしたば(明日葉)というと、健康食品を思い浮かべた人はいませんか?苦かったりクセがあったり……と食べにくいと思っている人も少ないはず。でも、食べ方次第で風味を消せるるようです!今回は、天ぷらやおひたし、炒め物などのレシピを紹介していきます。

2019年9月18日 更新

苦味が気にならない?! あしたばレシピの紹介

今日葉っぱを摘んでも、明日には新しい葉っぱが出るということから「明日葉」と名前がつくほど、生命力の強い植物です。スーパーではあまり見かけないマイナーなお野菜ですよね。旬は、2月中旬から5月頃になります。
独特な苦みやクセ、香りのあるお野菜なので、苦手という人も多いかもしれません。青汁などの健康食品の原料にもなっているほど、栄養はたっぷりなので、おいしく食べれたらうれしいですよね。
今回は、あしたばの選び方から、独特のクセをやわらげる方法やおいしいレシピについてまとめました。

あしたばの選び方

葉っぱの緑色が鮮やかで、色が濃いもの、切り口が新しく変色していないものを選びましょう。茎が細く短く、しなりがあるもののほうが、やわらかく食べやすいのでおすすめです。

あしたばの苦みが気になる?食べ方のコツ

クセのあるあしたばですが、やり方次第で食べやすくできます。

油を使って調理する

油を使って調理すると、あしたばの苦み成分を油がコーティングしてくれます。そのため、あしたばの苦みやクセのある味が、抑えられ食べやすくなります。油で揚げる天ぷらや、油を使った炒めもの、和えものにするのがおすすめです。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう