ラップはふんわりかけて加熱

ご飯にラップをかけて解凍する際には、ギュッとラップをするのではなく、ふんわりとラップをかけて冷凍ご飯の解凍をしてください。ぴったりとラップをしてしまうと水分の逃げ場所がなくなるため、上でお話した通り、ご飯がべちゃべちゃとしてしまうことがあるのです。

食べる直前に解凍

冷凍ご飯を解凍する際には、食べる直前に冷凍庫から出したものを電子レンジに入れましょう。冷凍庫から取り出して長時間が経過したものは半解凍の状態になっており、水分が出ていておいしくありません。 粒がしっかりとしていておいしい状態で食べるのであれば、必ず食べる直前に冷凍庫から出しあたため機能を使ってご飯を解凍しましょう。 チャーハンなどに使用する際にも一度あたため機能で解凍させたご飯を使うと良いでしょう。

冷凍ご飯の賞味期限

冷凍庫で保存していたご飯は、長くても1ヶ月をめどに食べるようにしてください。おいしく食べるための保存期限は長くても3週間です。

3週間を過ぎ1ヶ月の時点でも食べることはできますが、ご飯のおいしさが低下していることもあります。1ヶ月近く冷凍保存したご飯の場合は、解凍したあと、チャーハンに使ったり、そのほかにもオムライスなどしっかり味付けをするメニューに変えるほうがおいしく食べられます。

腐ったご飯

冷凍庫で保存していれば腐ることはないと思っている方もいるようですが、状況によっては冷凍ご飯が腐ってしまうこともあります。また冷凍保存をしておらず、冷蔵庫で保存していたり、常温で保存したりしていたご飯も腐ってしまうので腐ったときのご飯の見極め方を知りましょう。 腐ったご飯は、以下のような状態が見られます。 ・表面にカビが生えてしまう ・黄色や茶色に変色している ・ネバネバと糸を引く ・異臭がするといった特徴があります。 ご飯がこのようになっていた場合は腐っていますので食べないでくださいね。

いつでもふっくら炊き立てご飯が食べられる!

ふっくら炊き立てのご飯は、ひと口食べるだけでとても幸せな気分になりますよね。一度で食べきれなかったご飯は炊きたてをすぐに冷凍保存しましょう。冷凍保存したご飯を毎日食べるようにすれば、ご飯を炊く回数も減り経済的にも助かりますね。

ご飯は上手に保存して、いつでも炊き立てに近い状態でいただけるようにしておきましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ