まるで炊きたて!冷凍ご飯の解凍時間&レンジの使い方で決まる

冷凍ご飯はまずそうなイメージがあるかもしれませんが、解凍する際に時間とレンジの使い方さえ気をつければ、冷蔵庫での保存に比べ炊きたての状態が維持できるんですよ。今回は、冷凍ご飯をおいしく解凍して食べるコツをご紹介します。

冷凍ご飯をおいしく解凍したい

食事の度に毎回ご飯を炊くのって、意外と大変だったりしますよね。そのため、ある程度多めにご飯を炊いておいて、冷凍保存するという方もいるでしょう。

日にちが経ってもふっくらとおいしい状態でご飯を食べたいと思った時には、解凍の時間や方法を意識しなければなりません。ここでは、おいしいご飯の保存方法やふっくらご飯に戻すための解凍方法をご紹介していきます。

冷凍保存のススメ

ご飯を保存する際には、冷蔵庫よりも冷凍保存がおすすめです。解凍して食べる時にもふっくら炊き立てに近い状態まで戻すことができます。ご飯を冷蔵庫で保存してしまうと劣化が早まるので注意してください。

ご飯にはデンプンが含まれていますが、デンプンは冷蔵庫で冷やしてしまうことによってどんどんご飯の水分を奪っていきます。そのため冷蔵庫で保存していたご飯を電子レンジで温めてしまうと、水分が少なくパサパサとしたご飯になってしまうのです。

これを防ぐためにも、ご飯の保存は冷凍保存だと覚えておきましょう。

冷凍の仕方がポイント

炊いたご飯を一度冷凍し、おいしく食べるためには冷凍する際のコツを知っておく必要があります。以下でご紹介する方法をしっかりと覚えて、ご飯の冷凍保存に役立てましょう。

炊きたてを冷凍

ご飯を冷凍する際には、炊いてから時間の経過したものではなく、必ず炊きたての状態で冷凍することを心がけてください。 時間が経つと、冷凍前にご飯の風味が落ちてしまうので一度冷凍させてから食べる際にも炊きたての状態には戻りません。

一膳分ごと平らにやさしく包む

ご飯はまとめて冷凍するのではなく、一膳分ずつ分けてラップなどに包んでから冷凍しましょう。また、冷凍する際はおにぎりのように厚みのある状態ではなく、できるだけ平らにしてから冷凍することも大切です。ご飯を冷凍する際には優しくご飯を包むようにしてください。

忙しさのあまり、乱暴に扱ってしまうとご飯の粒が崩れてしまい、食べた時にベチャベチャっとした食感になってしまいます。

急速冷凍する

ご家庭の冷凍庫に急速冷凍機能があれば、こちらを使ってください。急速冷凍機能がない場合は、アルミトレーなどを用いて可能な限り急速冷凍に近い状態を作りましょう。こうすることによって、ご飯が凍る間にデンプン質などの変化を防ぎ、おいしい状態のままで保存することができるのです。
▼ご飯を上手に解凍したら、ぜひ試して!

時間がカギ!おいしい解凍方法

ご飯を冷凍保存して、食べる際には解凍方法に気をつけなければなりません。解凍方法を間違えてしまうと、せっかくのご飯もふっくらおいしい状態ではなくなってしまいます。以下の方法を参考に、ご飯を上手に解凍しましょう。

1. 冷凍したご飯の水分が蒸発してしまうことを避けて解凍する。

2. スープにご飯を入れてお料理する時や、雑炊などにする時には、解凍せず凍ったままの状態でスープの中に投入しても問題ありません。

3. 電子レンジを使って解凍する時には一度にたくさんのご飯を解凍するのではなく、基本的には一食分ずつを解凍してください。一度にたくさんのご飯を解凍するとムラが出てしまい、食べるときに冷たい部分が残ってしまうことやご飯のおいしさが損なわれてしまうことがあります。

4. ラップに包んだご飯を電子レンジで解凍する場合には、あたため機能を使っているとラップが破れてしまうことがあるため、必ず時間には注意を配りましょう。心配な場合には、ラップに包んだご飯をお皿に乗せてから電子レンジで解凍すると良いでしょう。

解凍時間について

解凍途中のご飯は一度ほぐし、さらに解凍して温める場合は1膳分のご飯を電子レンジで1分程度温めてからほぐしましょう。電子レンジの性能によっても時間は変わりますが、冷たくても凍ったままではなく、ご飯が柔らかくなっていればほぐすことができます。

一度ほぐしたご飯は再び電子レンジに戻し、30秒から1分温めながら様子を見ましょう。お茶碗などに入れて解凍する場合は、お茶碗の底部分を触り、温まっていればご飯も中心部までしっかりと温まっています。

まるで炊きたて!レンジ解凍のコツ

特集

SPECIAL CONTENTS