ローディング中

Loading...

冷蔵庫に入れておいたナスを切ってみたら、種が黒い!これってもう傷んでしまって食べられないナスなの?いいえ、そんなことはないのです。では、どうして種が黒くなってしまうのでしょうか。今回は、ナスの種が黒くなる理由と、その対策をご紹介いたします!

ナスの黒い種

様々な料理に大活躍のナス。そのまま焼いて焼き茄子にしてもおいしいですし、甘い味噌ダレを付けて食べたり、麻婆茄子や煮浸しにしてもおいしいですよね。一年を通して比較的価格が安定してるのも魅力のひとつです。

そんなナスですが、いざ料理に使おうと切ってみると、断面に黒い種が見られることはありませんか?これは食べても大丈夫な状態なのでしょうか。そもそも黒い種ができる理由、そして食べても平気なのかどうか、その疑問にお答えします。

黒い種も食べて大丈夫!

結論から言いますと、黒い種は傷んでいるわけではないので食べても問題ありません。ただし、黒い種は鮮度が落ちている証です。見た目もなんとなくグロテスクですし、風味も味もいいとは言えない状態です。

なんで黒いの?

そもそも、どうして種が黒くなってしまうのかというと、ナスは収穫してから時間が経つと水分が抜けてしまうため、なのだとか。ナスは元々水分の多い野菜なので傷みやすく、かつ種から悪くなっていくのだそうです。

また、ナスは冷蔵庫に長時間入れっぱなしにしていると低温障害を起こしてしまうことも。種はナスの鮮度を示すバロメータでもあるのですね。

なすが茶色に変色したときは?

種だけでなく、本来白いはずのナスが茶色く変色してしまっていることもありますよね。これも鮮度は落ちていますが、食べることはできます。ただし、部分的に固くなってしまっていることもあるので、あまりおいしくはないかもしれません。

腐っているナスはどうなってる?

種が黒くなっていてもOK!実が茶色くなっていてもOK!たいていの状態では、まだ食べることができるナス。では、一体ナスはどのような状態になると食べてはいけないのでしょうか。

まず、どの食べ物にも言えることですが、明らかにカビが生えている場合は食べることはできません。また、ナスの表面に凸凹ができていたり、さわるとぬめりがある場合も食べるのはやめておきましょう。その他、においを嗅いだときに酸っぱいような異臭がする場合もすでに傷んでいる可能性があります。これらの状態になっている場合は、食べないほうがよいでしょう。

ナスの保存方法

様々な料理に使えることから、まとめ買いするという方も多いであろうナス。ナスは傷みやすくデリケートな野菜のため、保存方法によってはせっかく買ったものの、ムダになってしまう可能性もあります。では、どのようにすればナスを長持ちさせることができるのでしょうか。

常温で保存する場合

常温で保存する場合は、ナスを1本1本新聞紙に包んで、風通しのいい冷暗所に置いておくのがいいでしょう。ただし、夏の暑い日であれば、新聞紙に包むだけでなく、さらにジップロックなど密閉できる袋にいれて保存しておきましょう。常温保存の場合は、3日ほどで食べきるようにしてくださいね。

冷蔵野菜室で保存する場合

冷蔵庫の野菜室に入れる場合でも、同じように新聞紙やキッチンペーパーなどに包んで、冷気が直接ナスに当たらないようにして保存しましょう。野菜室に入れた場合は、1週間ほど保存することができます。

また、一度切ってしまったナスは、その日のうちに使い切るようにしましょう。ナスは切るとすぐに酸化して黒くなり、味が落ちてしまいます。塩水や酢水につけておくことで変色は防げますが、なるべく使う分だけ切るようにしましょう。

冷凍保存する場合

まとめ買いしたときなど、なるべく長持ちさせたいときには冷凍保存がおすすめです。

水洗いしたナスを食べやすい大きさに切り、冷凍させる前にたっぷりの水に付けて10分ほどアク抜きをしておきます。アクが抜けたらキッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭き取り、ジップロックなどに入れて空気を抜いて冷凍させましょう。

使う時は解凍せず、そのまま炒めたり焼いたりするのがいいそうです。というのも、解凍してしまうと水分でべちゃっとなってしまうのだとか。

また、ナスをグリルなどで焼いてから冷凍させると、解凍したときにべちゃっとなるのを防げるそうです。お時間のある方は焼いたナスをラップなどに包んでから冷凍してみてくださいね。

新鮮なナスの選び方

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

下処理なし!たけのこ水煮の使い方&簡単レシピ25選

たけのこ レシピ お弁当 まとめ

煮物や炊き込みご飯においしいたけのこですが、下処理がちょっと面倒ですよね。たけのこの水煮を使えば下処理をせずすぐに料理に使うことができますよ。たけのこの水煮の使い方とおすすめのアレンジレシピをご紹介します。お…

メイン材料2つ!「作り置きハンバーグ」のレシピを調理師が伝授

ハンバーグ レシピ 作り置き

メイン材料2つで作る「作り置きハンバーグ」のレシピを、調理師がご紹介します。煮込みハンバーグや豆腐ハンバーグなどの、作り置きにぴったりなレシピも◎ 冷蔵&冷凍保存の方法もマスターできるから、毎日のお料理が楽チ…

どの味がお好き?「ごまドレッシング」のレシピ、基本からアレンジまで!

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

秋のカルディはエビづくし!エビ好きが泣いてよろこぶ限定商品5つ♩

海老

カルディから、エビを使った新商品が続々と発売されています!牛乳で作る新感覚のインスタントラーメンや、お店レベルの品質の濃厚スープなど、どれをとってもエビの風味たっぷり♩エビの旨味を存分に味わいながら、秋の夜長…

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【女子必見】アンケート結果からわかったモテる差し入れ5選!!

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

冬のお風呂に入れたい食材10選!嬉しい効果がいっぱい♡

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

相手を感動させられること間違いなし!日本酒のプレゼント方法「4」選

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

意外と知らない?! やってはいけないテーブルマナー「3」選

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

知らずに食べてるかも!? 中華そばとラーメンの違いとは?

ラーメン 中華

日本人が大好きなラーメン。最近では女性がひとりでラーメン屋を訪れることも多く、女性をターゲットにしたおしゃれなラーメン店も増えてきましたよね。ですが、お店によって「ラーメン」としたり、「中華そば」としたり………

連載記事

レンチン2分で作る『香味ソース』がミソ!揚げ豆腐で油淋鶏風レシピ

中華 おつまみ

万能調味料があれば、どんな料理も簡単にビシッと決まりますよね。そのなかでも甘酸っぱくてパンチがきいている「香味ソース」は人気な調味料のひとつ。今回はそんな『香味ソース』を使って、揚げ豆腐の油淋鶏風レシピをご紹…

連載記事

パサつかないコツは加熱時間!『鯖の味噌煮』の基本の作り方

おつまみ

秋から冬にかけて旬をむかえるサバ。脂がのって柔らかい身がたまりませんよね。塩焼きで楽しむのもいいですが、味噌煮もハズせません!そこで今回は、「鯖の味噌煮」の基本の作り方をおさらい。パサつかないコツも伝授します…

ページTOPに戻る