種が黒くても大丈夫?ナスの正しい保存法&簡単レシピも

冷蔵庫に入れておいたナスを切ってみたら、種が黒い!これってもう傷んでしまって食べられないナスなの?いいえ、そんなことはないのです。では、どうして種が黒くなってしまうのでしょうか。今回は、ナスの種が黒くなる理由と、その対策をご紹介いたします!

黒い種も食べて大丈夫!

結論から言いますと、黒い種は傷んでいるわけではないので食べても問題ありません。ただし、黒い種は鮮度が落ちている証。見た目が悪く、風味も味も良いとは言えない状態です。

黒くなるワケ

そもそも、どうして種が黒くなってしまうのかというと、ナスは収穫してから時間が経つと水分が抜けてしまうため、です。ナスは元々水分の多い野菜なので傷みやすく、かつ種から悪くなっていきます。

また、ナスは冷蔵庫に長時間入れっぱなしにしていると低温障害を起こしてしまうことも。種はナスの鮮度を示すバロメータでもあるのですね。

ナスが茶色に変色したときは?

種だけでなく、本来白いはずのナスが茶色く変色してしまっていることもありますよね。これも鮮度は落ちていますが、食べることはできます。ただし、部分的に固くなってしまっていることもあるので、あまりおいしくはないかもしれません。

腐っているナスの見分け方

どの食べ物にも言えることですが、明らかにカビが生えている場合は食べることはできません。また、ナスの表面に凸凹ができていたり、さわるとぬめりがある場合も食べるのはやめておきましょう。

そのほか、においを嗅いだときに酸っぱいような異臭がする場合もすでに傷んでいる可能性があります。これらの状態になっている場合は、食べないほうがよいでしょう。

新鮮なナスを見分ける3つのポイント

1. ツヤがあるナスは実が締まっている証拠!

皮にツヤがあり黒々としていて、実が締まっているものが新鮮な証拠です。そしてヘタのすぐ下の部分が太いのも、よく熟しているナスです。

2. 痛いほどのトゲは新鮮な証拠!

次にガクの部分を見てみます。ガクのトゲがしっかりしているものを選びましょう。ナスを洗ったり切ったりしているときに、このガクにあるトゲが刺さって痛い思いをしたことがある方はいらっしゃいませんか?そのようにトゲが刺さるほどしっかりしていれば、新鮮な証拠です!

3. ヘタがみずみずしいナスは熟している!

最後にヘタをチェックします。ヘタの切り口がみずみずしく、筋が出ているものは熟したナスの特徴だそうです。

ナスの正しい保存方法

常温で保存する場合

常温で保存する場合は、ナスを1本1本新聞紙に包んで、風通しのいい冷暗所に置いておくのが良いでしょう。ただし、夏の暑い日であれば、新聞紙に包むだけでなく、密閉できる袋に入れて保存しておきましょう。

常温保存の場合は、3日ほどで食べきるようにしてくださいね。

冷蔵野菜室で保存する場合

新聞紙やキッチンペーパーなどに包んで、冷気が直接ナスに当たらないようにして保存しましょう。野菜室に入れた場合は、1週間ほど保存することができます。

一度切ってしまったナスは、その日のうちに使い切るようにしましょう。ナスは切るとすぐに酸化して黒くなり、味が落ちてしまいます。塩水や酢水につけておくことで変色は防げますが、なるべく使う分だけ切るようにしましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS