自宅になくても諦めない!シフォンケーキの型の代用品&レシピまとめ

シフォンケーキを作りたいけど専用の型がないから作れない!特有のシフォンケーキの型ですが、代用品でも焼けるんです。型の中央の穴の理由は?穴がなくても焼けるの?身近にある代用品でシフォンケーキをおいしく焼く方法をご紹介!色々な形がたのしめます。

2017年4月12日 更新

3 極上とろ生シフォン

カップケーキの型で焼く食べやすいシフォンケーキです。スプーンで食べてもよいですよ。ふわふわに仕上げた生地の中にには生クリームをたっぷり注ぎます。 卵白を泡立てたら冷蔵庫でしばらく冷やしておきます。卵黄や薄力粉などの生地の材料をよく混ぜて、すべて混ざったら冷やしておいたメレンゲと合わせます。生地の材料は、ひとつずつ順番に加えて、加えるごとによく混ぜてくださいね。カップに生地を流し込んだらカップの空気を抜いてオーブンで焼きあげます。

4 きび糖と豆乳のシフォン

素朴な甘さが嬉しいきび砂糖と豆乳のシフォンケーキ。シフォン型を使わずスクエア型で簡単に作れるので、子どもにも食べやすい形にカットできます。こちらは焼きたての温かい状態でもいただけますよ。少ない材料でできるのもおすすめです。 卵白と卵黄を別々に泡立てて、卵黄には豆乳、サラダ油、ふるった薄力粉を入れて軽く混ぜます。泡立てた卵白をさっくりと混ぜいれ、型に流し込みオーブンで焼いて完成です。豆乳入りのヘルシーなケーキです。

5 ミルクティー生シフォン

紅茶の風味も加わった、ホイップクリームたっぷりのプチシフォンケーキ。焼いている段階で紅茶のよい香りが漂いますよ。卵黄、砂糖、サラダ油、濃いめの紅茶、薄力粉、茶葉を入れて混ぜます。そこへ泡立てた卵白を入れてさっくりと混ぜ、トールカップ(または紙コップ)に入れてオーブンで焼きます。 焼きあがってしっかり冷めたら、中にホイップクリームを入れて、粉糖をかければ完成です。
▼シフォンケーキをかわいくサンドイッチにできるレシピ

シフォンケーキをしぼませないポイント

専用の型を使って焼いてもシフォンケーキが毎回しぼんでしまう、という方にしぼませないポイントをご紹介します。専用の型を使うことも大切ですが、コツをつかめばしぼみにくくできるので是非試してみてください。

作り方のポイント

卵白はよく泡立ててください。メレンゲが柔らかすぎると生地そのものがしぼみやすくなります。ふたつめのポイントは、材料はしっかり混ぜ合わせること。材料が均一に混ざっていないとしぼんでしまう原因になります。 焼くときは高温で焼きましょう。中までしっかりと焼くことで、ふわふわなだけでなくもっちりとしたしぼみにくいシフォンケーキができあがります。

焼いた後のポイント

焼いた後は逆さまにして、しっかりと冷ますことが重要です。冷ますときは冷蔵庫でなく常温でゆっくり冷ましてください。中まで完全に冷めてから型を外すとしぼみにくく、型崩れも起こしにくくなりますよ。
▼シフォンケーキの上手な作り方のコツまとめ
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS