自宅になくても諦めない!シフォンケーキの型の代用品&レシピまとめ

シフォンケーキを作りたいけど専用の型がないから作れない!特有のシフォンケーキの型ですが、代用品でも焼けるんです。型の中央の穴の理由は?穴がなくても焼けるの?身近にある代用品でシフォンケーキをおいしく焼く方法をご紹介!色々な形がたのしめます。

2017年4月12日 更新

パウンドケーキ型

長方形のパウンドケーキ型でもシフォンケーキを焼くことができます。丸型と違い、長方形は中まで火が通りやすいので、丸型よりもさらに代用しやすいでしょう。

ポイントは、こちらも焼きあがったらすぐに逆さまにすること。しっかりと冷ましてから型から外してくださいね。冷めきる前にカットするとしぼみやすくなってしまいます。

マフィン型

手のひらほどの小さなマフィン型も代用になります。ただ、こちらもやはり真ん中がしぼみやすいので、焼けたら逆さまにして冷ますという事は忘れないでください。

紙コップ

紙コップでも代用ができるのはとても便利。ケーキの生地は、紙コップの8割ぐらいまでにし、入れすぎないようにしてください。生地の上からアルミホイルをかぶせて、前半はシフォンケーキのレシピの温度よりも10℃ほど高めの温度で焼くと、生焼けになりにくくなります。

※紙コップを代用する際には、オーブンの使用に対する注意書きを確認ください。

トールカップ

プチケーキやマフィンを焼く際に使用できる、トールカップの代用も可能。トールカップの場合は型からはがさず、そのまま上の部分にデコレーションして仕上げるとよいでしょう。

デザインの可愛いトールカップも多いので、そのまま使っても見栄えよくできるものは多いですよ。
2 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう