ライター : taki

料理家

調理師/食育インストラクター3級/薬膳アドバイザー。調理師専門学校を卒業し、和食/イタリアン/ベーカリー/ケータリングなど様々な店で修行後、おべんとう屋"takiben"を主宰(店舗販売は…もっとみる

そもそもドライイーストとは

「イースト」は生地の膨らみを出す酵母のことをさします。そのイーストを低温で乾燥させたものが「ドライイースト」。その中でもよく目にする「インスタントドライイースト」は、予備発酵が不要で生地に直接混ぜ込んで使うことが可能です。この記事ではインスタントドライイースト=ドライイーストとして使い方や代用方法をご紹介します。(※1)

ドライイーストの役割

ドライイーストに含まれるイーストは、生地に含まれる糖を分解して、炭酸ガスやアルコール類を発生させます。この過程を発酵と呼び、炭酸ガスは生地を膨らませ、アルコール類はパンに香りや風味をプラス。イーストには炭酸ガスとアルコールを発生させるという2種類の重要な役割があります。(※2)

【代用方法1】ベーキングパウダーを使う

ドライイーストとの違い

ベーキングパウダーもドライイーストと同じように炭酸ガスを発生させて生地を膨らませます。ただ、ベーキングパウダーは重曹と酸性剤からなる食品添加物なので、イーストのような発酵作用はありません。さらに言えば、ドライイーストは糖分に反応して炭酸ガスを発生させますが、ベーキングパウダーは水分と熱に反応して炭酸ガスを発生させるという違いもあります。(※3)

結論

ドライイーストはベーキングパウダーで代用可能です。同じように炭酸ガスを発生させて生地を膨らませることはできますが、作用が異なるので膨らみ方や食感は異なります。ほかの代用品に比べて使いやすいので、パン作り初心者の方におすすめ。

【代用方法2】天然酵母を使う

この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ