ローディング中

Loading...

パン作りに不可欠なドライイースト。生のイーストよりも賞味期限も長く、家庭で使いやすいタイプのイーストです。今回はそんなドライイーストの使い方や保存方法、生のイーストとの違い、おすすめのドライイーストの商品までご紹介します。

ドライイーストとは

パン作りには欠かせない「ドライイースト」。ドライイーストとはその名前のとおり、イースト菌を乾燥させた食材です。乾燥しているため、すぐに浸透せず、時間をかけてイースト菌が発酵します。ゆっくり時間をかけて炭酸ガスを発生させて、パン生地を膨らませることができます。

ベークングパウダーと似ているところもありますが、膨らむ力はドライイーストのが強いため、食パンなどふくらませるパンを作るときにぴったりだといわれています。

ドライイーストの使い方

ホームベーカリーの場合

パンをきれいにおいしく焼く場合には、ドライイーストを入れるタイミングが重要となってきます。ホームベーカリーを使用する場合は、ドライイーストの入れ方が2タイプあります。ひとつは「専用のケースがあり、ほかの材料と分けて入れるタイプ」、もうひとつは「ほかの材料と一緒に入れるタイプ」です。メーカーによってタイプが違うので確認をしましょう。

この2つのタイプによって、ドライイーストを入れるタイミングが違うので、しっかりと説明書を読むようにしてくださいね。イースト菌は生き物なので、入れるタイミングを間違えてしまうと、死んでしまいパンを完成させることができなくなってしまいます。

専用ケースがある場合は、小麦粉などの材料を全て入れて、周りに水を加えてから、専用ケースにドライイーストを入れます。専用ケースがない場合は、先に水を入れて、小麦粉などの材料を加えて、水を粉で覆った状態でドライイーストを入れます。

ドライイーストは水に触れてしまうと、パンの膨らみが悪くなってしまう可能性があるので、順番を守りましょう。

手ごねの場合

手ごねの場合は、ドライイーストを入れる順番が非常に重要となってきます。先ほどお伝えしましたが、イースト菌は水に触れるとパンの膨らみが悪くなります。パン作りに必要な塩には少量ではあるものの水分が含まれているため、一緒に混ぜるのはやめましょう。

ドライイーストは小麦粉と一緒に混ぜ、イースト菌を分散させてあげましょう。それから、塩・砂糖などを加えて手ごねをしていきます。また、菓子パン作りに必要な卵やバター類も水分を含んでいる食材のため、一緒に混ぜるのは避けましょう。

生イーストとの違いは

同じイースト菌でも、「ドライイースト」と「生イースト」では見た目にも違いがありますが、それ以外にもパンの種類によって使い分ける必要があり、それぞれに特徴があります。
それでは2つのイースト菌について紹介していきましょう。

生イースト

生イーストはその見た目からもわかるように、粘土のような塊をしています。そしてツンとした独特のニオイがするのが特徴。粘土のようになっていることから、水に溶けやすくパン生地に馴染みやすいので、パン作りに最適なイーストです。

パン作りに最適なイーストですが、実は賞味期限が約1ヶ月くらいしかないので、パン屋さんでは多く使われていますが、一般家庭では使いにくいイーストです。

生イーストは、食パンなど強い発酵力が必要なパンに適しています。生地の伸びがよくなり、ふんわり感を出すことができます。食パン系、菓子パン系、惣菜パン系に使用すると効果を発揮してくれるんですよ。

ドライイースト

生イーストに対して、ドライイーストは見た目は、粉状で渇いています。乾燥しているため、賞味期限も長く家庭用としては使いやすいイースト菌です。実はイースト菌ってパンで使用する量は500gの小麦粉に対して、10gも使わないくらいなので、家庭用パンの量であれば基本的には余ってしまいます。

ドライイーストはあまり膨らませたくないパンに使用することが多いので、フランスパンやバケット作りに適しています。

ドライイーストの保存方法

イースト菌は生き物であることから、保存方法には注意が必要です。一度開けたものは密閉保存することで長く保存することができます。イースト菌をよい状態で保存することで、次回パンを焼くときにふっくらと仕上がります。

ドライイーストは、家庭にあるものを使うことで簡単に保存が可能です。容器としては、空き瓶やペットボトルなどのフタがついていて、密閉保存できるものを使用しましょう。保存する状態も大事ですが、保存する温度にも気をつけましょう。低温で保存、できれば冷凍するのもおすすめです。

おすすめのドライイースト5選

サフ・インスタントドライイースト

サフ・インスタントドライイースト

出典:www.amazon.co.jp

サフ インスタントドライイースト 金 125g フード 酵母・菌類 天然酵母・イースト [並行輸入品]

¥780

Amazonで購入

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日常生活を送る中で、お茶の子さいさいという言葉を使うことはありますか?ご自身で使うことがなくても、「お茶の子さいさい」という言葉は聞いたことがあるでしょう。この言葉には、どのような意味が含まれているのでしょう…

カフェ パン トースト おしゃれ 食パン サンドイッチ

あの浅草の老舗パン屋「ペリカン」が、直営の「ペリカンカフェ」をオープンしたのはご存知ですか?ペリカンといえば、いわずもがな食パンの超人気店!気になるお店の評判や雰囲気、魅力的なトーストメニューなど魅力をたっぷ…

横浜 パン

横浜赤レンガ倉庫前イベント広場で、「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」が開催!PAUL会場限定パンや、ペネロペ・コラボグッズなどが登場します。3日間限定で行われる、日本最大級のパンの祭典を楽しんでみ…

和食

懐石料理と会席料理。どちらも日本の伝統料理として伝えられてきました。敷居の高いイメージですが、日本の料理ですので、ぜひこの機会に日本の食文化をおさらいしましょう。そして少しのマナーを押さえておけば、堂々と食事…

パン

福岡県の「マンハッタン」をご存知ですか?「マンハッタン」は、福岡県のリョーユーパンが製造販売している人気のご当地ドーナツです。地元で絶大な知名度と人気を誇る「マンハッタン」。おいしさの魅力を、気になる名前の由…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る