1.15分で完成小松菜酢飯

すし飯に小松菜と綱を混ぜただけのご飯をカップに盛り付けます。あとは、ゆでたまごのマヨネーズ和えとプチトマトを添えるだけですので、工程全部を合わせても15分で完成します。小松菜のグリーンがすし飯の部分に色をそえてくれます。トップに黄色と赤の色合いも加わり、色も味も楽しめるカップ寿司です。

2.ぶきっちょでも大丈夫、チラシ寿司

ちらし寿司をカップに詰めるだけでもカップ寿司になります。ちらし寿司は、具材も入ったちらし寿司の素を使えば混ぜるだけでできますね。詰めたお寿司の上には炒り卵、ハムやキュウリを切ってのせるだけです。 こちらのレシピではサーモンや生ハムを使ってエレガントな仕上がりとなっています。

3.時短!デコふりでカラフルに

キャラ弁のデコレーション用に色を付けるためのふりかけが販売されています。こちらは3色のふりかけを使用して断面が美しいカップ寿司にしています。トップには豪華にイクラがたっぷりのっています。花かまぼこの入ったゴマ塩を振りかけて完成!混ぜて詰めてのせるだけの超簡単レシピです。

4.海鮮カップ寿司

器に詰めた酢飯の上にまぐろ、いくら、きゅうり、かいわれなどお好みで重ねて作ります。 ガラスの器を使うときれいに重なった具材の層が見えるのできれいな仕上がりになりますよ。

5.イクラで彩りカップ寿司

こちらのレシピは菜の花の塩ゆでや綱のそぼろなど、ひと手間かけて丁寧に作っているカップ寿司です。旬の食材を使えば風味も高く、季節感もアップします。炒り卵には牛乳を入れているのでふんわりとした卵になります。

6.生ハムのピンクがかわいいカップ寿司

すし飯の上に錦糸卵、きゅうり、かいわれ、生ハムを重ねて作ります。生ハムはくるりとまいてお花のイメージにしてあげると、より華やかになります。普通のハムやビアハムを使ってもかわいいお花が作れますよ。

編集部のおすすめ