裏返すのは焼き色がついてから

肉ダネの一部分にすりおろしレンコンを使用するので、肉ダネ自体が通常よりもすこしゆるくなっています。いつもの焼き方で焼いてしまうと、形が崩れてしまう可能性があるので、裏返す際は丁寧におこなってくださいね。また、しっかり焼き色がついてから触ることで、崩れにくくなりますよ!

レンコンハンバーグの保存方法

お弁当のおかずにもぴったりなレンコンハンバーグは、作り置きが便利。形成して焼いたものをストックしておけば、時間のない朝やひと品プラスしたい晩ごはんのときなど、さまざまな場面で活用できますね!

冷蔵保存の場合

冷蔵保存の場合は、火を通したレンコンハンバーグで3日程度の保存が可能。焼きあがったハンバーグの粗熱をしっかりとってから、1個ずつラップに包んで保存容器に入れてください。レンジで温めるだけで、簡単にシャキシャキハンバーグが食べられますよ。

冷凍保存の場合

冷凍保存する場合は、火を通したレンコンハンバーグで1ヶ月程度の保存が可能。こちらもしっかりと熱をとったハンバーグを1個ずつラップで包んでください。まとめてラップをしてしまうと、ハンバーグがくっついてしまい解凍しても、形がくずれてしまうので注意冷蔵庫で半解凍してから、レンジで温めることで、ふっくらとしたハンバーグが食べられますよ!また、お弁当用に冷凍する場合は、小さめに作っておくと解凍の時間が早まって◎

【和風】レンコンハンバーグの人気レシピ5選

1. 豆腐入りレンコンハンバーグ

肉ダネに豆腐を加えることで、ふんわりとした食感に仕上がります。豆腐を入れる際は、しっかりと水切りすることが大切。肉ダネが水っぽくなり、べちゃっとしてしまうので、このひと手間はしっかりと行ってくださいね。

2. ザクザク食感のレンコンハンバーグ

たっぷりの大根おろしとポン酢でさっぱりいただく、レンコンハンバーグのレシピです。レンコンをザクザクと大きめにカットすると、ふわふわなハンバーグにアクセントがついて◎ お好みでネギをトッピングして召し上がれ。

特集

FEATURE CONTENTS