うっかり切らしてた!「ごま油」のベストな代用品は身近なアレでOK

様々な料理の香り付けに役立つごま油。ほんのちょっと使いたい時に代用できるものがあれば便利ですよね。ごま油がない時には、別の油で代用しましょう!代用できるものを知っておけば、わざわざ買いにいかなくてもすみますよ。ぜひ参考にしてみてください。

2017年7月28日 更新

ごま油ない時、どうしよう?

炒め物や料理の仕上げに欠かせないごま油。ごま油を使うだけで出来上がりの風味がよくなり、おいしくいただける料理がたくさんあります。しかし、いざごま油を使いたいと思った時、うっかり切らしていた!といった経験はありませんか?

そもそも、ごま油は何からできているのでしょうか。あの香ばしい香りは何?ごま油がない時に代用できるものなど、ごま油についてと、おすすめレシピをご紹介します。

ごま油って何でできてる?

ごま油はその名の通り、ごまから作られています。ごまは1粒あたりに含まれる油の量が、他の油よりも多いとされています。

市販されているごま油は、ゴマの選別に始まり、その後ごまを焙煎して圧力をかけます。圧力をかけることによって、ごまがすりつぶされ、ごま油が抽出できます。さらに風味をまろやかにさせたり、皮などの沈殿物を取り除くため、しばらくの間熟成させます。その後、きれいにろ過されたものが流通します。

身近なごまを原料にしたごま油ですが、一般家庭ですぐに作るのはなかなか難しいもの。ほんのちょっとのごま油が足りない時には、ご家庭にある別の油で代用してみましょう!

サラダ油とラー油で代用!

ごま油を使用する時、あの香ばしい香りを楽しみたいという理由で使われる方も多いのではないでしょうか。サラダ油とラー油を使えば、香りをたのしめるお料理にできますよ。

ラー油は唐辛子などの材料にごま油を加えて作っている場合が多く、ラー油の代用として餃子やラーメンなどにごま油を数滴垂らすという方もいるのだとか。ただ、ラー油のピリッとした辛さが残ってしまうため、サラダ油に少量ずつ混ぜて味の調節をしていきましょう。

すりごまでも代用OK!

ごま油はごまから作られていますので、すりごまをごま油の代用として使うこともできます。炒りごまでも同じように対応することができますが、一般的にはすりごまの方が風味豊かなため、代用する際にもごま油に近い味わいに仕上がります。

どうしてもすりごまがない場合は、炒りごまを使ってもよいでしょう。すりごまの場合も炒りごまの場合も、フライパンでよく乾煎りすると、より風味がよくなります。ごまが焦げる寸前まで乾煎りをしたら、そこにサラダ油を少量加えてください。そのままの状態で冷めるまで、しばらくは放置します。

その後、ごまが気になるようであれば、キッチンペーパーなどを使ってきれいに漉してからごま油の代用として使ってください。ごまの食感等が気にならないのであれば、そのまま使っても問題ありませんよ。

オリーブオイルの代用はちょっと注意

ごま油はその名の通り、油です。そのため、同じ油分としてオリーブオイルでも代用できるのでは?と思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

炒める目的だけであれば、オリーブオイルでも構いません。ただし、ごま油のような香ばしい風味はありませんので、オリーブオイルをごま油の代用にする際は、本来のお料理と風味が変わってしまうことを知っておきましょう。

ピーナツバター

冷蔵庫にピーナツバターがあれば、これをごま油の代わりにすることができます。ただし塩辛いメニューを作る際にピーナツバターをたくさん加えてしまうと甘くなりすぎてしまうため、少しずつ様子を見ながら加えていきましょう。

坦々麺などのメニューを作る際は、ごま油の代わりにピーナツバターを加えることで風味がアップし、味もまろやかになりますよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう