薄味に効く!カレーの隠し味

ちょっと味が薄い、決まらないと思ったら、ほんの少し隠し味を足してみましょう。家庭で本格的な味にチャレンジしたいときや子供用に作った甘口カレーを辛くしたいときなど、覚えておくと便利な隠し味をご紹介します。

味をはっきりさせたい

味が薄く、ぼんやりとしてしまったときは、醤油を試してみてください。たくさん入れると和風テイストになりますが、少量入れるとスパイスの辛さを引き立てつつはっきりとした味わいになります。

醤油ははちみつと同じく、カレーのとろみを弱くする「アミラーゼ」という酵素が含まれます。カレールーで調理したあとに醤油を加える場合は、ぐつぐつと沸騰した状態で入れます。醤油を入れたらかき混ぜながら10分ほど煮込むと、とろみも付いたままおいしく仕上がります

もっと辛くしたい

子供用に作った甘口カレーを辛くしたい場合は、一味唐辛子やブラックペッパーがおすすめです。一味唐辛子の原料は乾燥した唐辛子のみなので、できあがったカレーに余計な香りなどを加えず辛味だけを追加できます。

ブラックペッパーを加えると、ピリッと刺激的な味わいになります。ブラックペッパーは香りも辛味も強く、大人向けの味付けができます。

甘くマイルドにしたい

逆に大人用のカレーを子供に食べさせるとき、辛いカレーを甘く仕上げる方法もあります。 まずは牛乳でカレーを伸ばす方法です。牛乳のやさしい甘味がカレーをマイルドにしてくれます。水っぽくなってしまったら、上でご紹介したバターと小麦粉で作るブールマニエを加えてみましょう。 コーンスープも、カレーにコクを追加しつつマイルドにしてくれます。インスタントの粉末コーンスープを使えば手間もかかりません。 じっくりと炒めたあめ色玉ねぎを加えるのもおすすめです。玉ねぎはじっくりと加熱することで甘味が増します。野菜嫌いな子供もカレーに入れると玉ねぎの栄養がたくさん摂れて一石二鳥です。
▼カレーにコクを増すなら!牛乳はどうですか?

水っぽいカレーのリメイクレシピ5選

カレーが水っぽくなってしまったら、その水っぽさを活かしてカレーライス以外の楽しみ方をするのもありですね!おすすめの食べ方とレシピをご紹介していきます。

1. 煮込むだけ!カレー鍋

めんつゆとカレーでつゆを作って煮込むだけの簡単リメイクです。少量の豆乳を入れてもおいしそう!好きな具で作れるので、水っぽいカレーや、カレーが少し残ったときなどに重宝しますね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ