カレーにとろみをつける方法

しっかりと煮込んでもカレーにとろみが付かないとき、とろみをつける方法はいろいろあります。味に変化が出るものもあるので、お好きな味に近づくとろみ付けを探してみてください。

それぞれたくさん入れると固いカレーになってしまいます。少しずつ様子を見ながら入れていきましょう。とろみが付いたカレーを加熱していると焦げやすくなるため、小まめにかき混ぜながら加熱するのがポイントです。

小麦粉を水で溶いて入れる

小麦粉を同量の水で溶き、できあがったカレーを加熱して沸騰しているところに少しずつ加えていきます。弱火で5~10分ほど煮込むととろみがついてきます。

片栗粉を水で溶いて入れる

料理のとろみ付けとしてよく使用される片栗粉。これはカレーのとろみ付けにも使用できます。あまり入れすぎると固まってしまったりダマになってしまうので、薄めの水溶き片栗粉を少しずつ入れていきましょう。

片栗粉でのとろみ付けは粘りも出てしまうので、カレーには小麦粉でとろみをつけるほうが向いています。片栗粉は小麦粉が家にないときの代用として利用してみてください。

小麦粉とバターを溶かしたものを入れる

レンジなどでやわらかくしたバターに同量の小麦粉を混ぜ合わせた、ブールマニエというものがあります。ブールマニエを使うことで、カレーにバターのコクも加わりおいしく仕上がります。

バターと小麦粉をよく混ぜてブールマニエを作っておき、カレーを煮込んでいるときの煮汁を加えて伸ばしてから加えると、溶けやすくダマになりません。

溶けるチーズ入れる

少量のカレーのとろみをつけたいときは、溶けるチーズを入れてもとろみが付きます。チーズのコクも加わりおいしくなりますよ。

しかし、チーズでたくさんのカレーにとろみをつけるのには量が必要になり、塩分が上がりコストもかかります。少量のカレーにとろみを付けたい場合におすすめです。

すりつぶしたバナナを入れる

カレーにバナナ!? どんな味がするの?と思うかもしれませんが、ほんのり甘めのカレーに仕上がります。辛くなり過ぎたカレーを甘く、そしてとろみをつけて仕上げたいときはぜひ試してみてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ