2. キャベツと押し麦で食物繊維たっぷり!

クコの実は水でもどし、キャベツは千切り、手羽元は下処理をしておきます。鍋に水と昆布、手羽元を入れて火にかけます。昆布は沸騰直前で取り出し、アクを取りながら押し麦、キャベツを入れて蓋をします。具材が柔らかくなるまで弱火で煮込み、仕上げに塩こしょう、生姜のすりおろしを加えて味を調えます。器に盛ってクコの実を散らしたら完成です。
キャベツと押し麦を入れることで、食物繊維たっぷり。クコの実を加えて栄養素と彩りがアップします。胃腸の調子を整えて、からだをあたためてくれる女性に嬉しいレシピです。

3. おうちで和風薬膳スープ

クコの実は水で戻しておき、干し椎茸と水を合わせて出汁をとります。にんにくと生姜をみじん切りにし、長ネギを3cmの幅で切ります。出汁をとった椎茸も1cm幅に切っておきます。フライパンに油をひいてにんにくと生姜を炒め、香りが立ったら手羽元と長ネギを入れてほんのり焼き目をつけます。だし汁と椎茸を加えて蓋をし、中火で5分煮込みます。みりんと醤油で味を調えひと煮立ちしたら、クコの実を加えます。
難しそうな薬膳料理を和風にアレンジしたこのレシピ。お出汁とネギの香りが食欲をそそる体に優しい仕上がりです。お出汁はお好みで、かつおや昆布を加えてみてくださいね。

4. サムゲタンも炊飯器で簡単に

長ネギを斜め切り、にんにくと生姜はみじん切りにします。お好みでごぼうはささがきにし、水に晒してアク抜きしておきます。他の野菜はいちょう切りにします。手羽元などの具材と調味料をご飯と一緒に炊飯器に入れて、炊飯します。炊き上がったらお好みでごま油、塩こしょうで味を調え、ネギを散らしてできあがりです。
ごぼうは食感を残したいときは斜め切りで。生姜がお好きな方は千切りでも。クコの実や糸唐辛子を加えると、もっと本格的に。 お肉がホロホロの美味しいサムゲタンが炊飯器でできちゃいます!食欲がないときにも食べやすいあっさりしたお味なので、風邪のときにもぴったりです。

5. 手羽元のワイン煮

手羽元は下処理をして、塩こしょうと、薄く小麦粉をまぶしておきます。たまねぎは縦に薄切りにして、人参は半月切り、セロリは筋をひいて薄切りにします。キャベツは太めの千切りにして、さやいんげんは軸を少し切り落とし、塩ゆでして水にとり、粗熱が取れたら水気をきります。 深めのフライパンにオリーブ油を入れて中火で熱し、手羽元に焼き色がついたら取り出す。そこに野菜を加えて炒め合わせます。全体がしんなりしたら手羽元を戻し、塩こしょうと鶏ガラスープの素、白ワインなどのスープの材料を加え強火で煮ます。煮立ったら火を弱めて蓋をして蒸し煮にします。器に盛り付けさやいんげんを添えて完成です。
具だくさんで野菜の旨味を感じられるスープです。野菜の下ごしらえを心を込めて丁寧に、お客様のおもてなしにもぴったり。

6. 手羽と春雨のスープ

手羽元は下処理をしておく。春雨は熱湯につけて戻し、食べやすい大きさに切っておきましょう。ニラは3cm幅、白菜は細切りにします。玉こんにゃくは熱湯にいれ、再び煮立ったらザルに上げて水気をきります。 鍋に水、スープの素、酒、塩こしょうと手羽元を入れて中火にかけ、煮立ったらアクを取り除きます。ふつふつ煮立った状態で10分煮込み、玉こんにゃくを加えて5分煮込む。白菜と春雨を加え、煮立ったら更にニラを加えて、塩こしょうで味を調えたらできあがり。
鶏の旨味がたっぷり味わえて、ニラが元気を引き出してくれます。こんにゃくや春雨などのヘルシーな食材を使っているため、お夜食にも頂ける女性に嬉しいひと品です。

決め手はコンソメ♩手羽元のポトフレシピ4選

1. にんにくでポカポカポトフ

にんにくは、まないたの上で包丁をのせてたたいて潰します。たまねぎは4等分、メークインは適度な大きさにカット。男爵いもと人参は、小さめのものならそのままいれてしまいます。 お鍋に油をひき、手羽元を皮目から焼き付けます。コンソメや野菜とだし昆布、ローリエ入れて蒸し焼きにして、仕上げに塩コショウで味を整えます。水とコンソメで柔らかくなるまで煮込みます。
とってもシンプルなレシピで、じゃがいもの食感が楽しめます。にんにくで芯までポカポカに。風邪にもぴったりのスープです。カレー粉を入れてリメイクしてもおいしいですよ。

編集部のおすすめ