ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

手作りクッキーの賞味期限っていつまで?

プレゼントやおやつに大活躍の手作りのクッキー。子どもたちと一緒に作って食べるのもたのしいクッキーは、みんなの人気ものですよね。最近はかわいらしいデザインができるアイシングクッキーもはやっています。手作りくっきーには防腐剤や添加物も入れないので、小さなお子さんにも安心です。 作りすぎてしまいがちな手作りクッキー、作ったはいいけれど賞味期限はいつまで大丈夫なんでしょう?焼き菓子だから長持ちはしそうですが、どのように保存すればおいしく長く保存ができるのか、今回はそんな手作りクッキーの賞味期限と保存方法について紹介していきます。

お店のクッキーの賞味期限は長い

普段スーパーやコンビニで買うクッキーの賞味期限を気にしたことってありますか?市販クッキーの賞味期限は、数か月から1年が平均的。洋菓子店などのお菓子屋さんで販売されているものでも、およそ1か月程度はもつことが多いよう。 さらに、防災用に保存食として作られているクッキーは、5年以上の賞味期限があり、長期保存できるものがほとんどです。商品の種類や乾燥剤の有無、開封されているかいないか、保存温度など、保存環境によって前後はしますが、いずれにしても長期保存できる食べ物といえます。

手作りクッキーの賞味期限

手作りクッキーの場合、賞味期限はどのくらいなのでしょうか?一般的に言われているのは一週間程度で、常温保存でおいしい状態が保てるのは3日が目安です。

長く保存したい場合はシンプルクッキーを

市販品に比べるとやはり短い手作りクッキーの賞味期限。長くおいしく食べられるクッキーを作りたい場合は、シンプルなものがよいでしょう。また、保存時の水分、温度や湿度、日当たりなどの環境も関係してきます。 クッキーそのものに水分が少ない場合は、カビの発生を防ぎ日持ちすることができます。中にチョコやフルーツなど、水分が多く含まれるものが入っているもの、クッキーそのものがしっとりしてるタイプの場合は賞味期限が短くなります。 また、クッキーが水分を吸収しないようにするために湿度の低い環境で保存すると賞味期限を延ばすことができます。しっかりと密封して高温多湿と直射日光を避ければ一週間以上の保存も可能になります。

保存は常温で

クッキーは常温保存が可能なお菓子。焼き上げるときに高温になるので、カビや雑菌は死滅し、無菌に近い状態でできあがります。そのため、常温で保存しても傷みにくいのです。ただし、高温多湿、直射日光は避けて、風通しのいい涼しい場所で保存してくださいね。 湿度をさけるために、保存用の袋の空気はできるだけ抜いて、しっかり密封をします。乾燥剤と一緒に直射日光の当たらない涼しい場所に保存するとよりよいでしょう。乾燥剤がない場合は、未使用の紅茶のティーパックをそのまま一緒に入れておくと乾燥剤の代わりになり、香り付けにもなります。

手作りクッキーを長持ちさせるコツ

できるだけ早く食べた方がおいしいクッキーですが、少しでも長持ちさせてじっくりたのしみたいですよね。また、プレゼント用に用意するときも、せっかくなら長持ちするクッキーを渡したいもの。おいしい状態でクッキーを長持ちさせるコツを紹介します!

特集

FEATURE CONTENTS