ローディング中

Loading...

おやつにもプレゼントにもよい手作りクッキー。賞味期限はどれくらいかご存知ですか?手作りクッキーの賞味期限は市販のクッキーとは異なります。サクサクの食感を損なわない保存の仕方や冷凍保存のコツなど、手作りクッキーをたくさん作っても、もう大丈夫!

手作りクッキーの賞味期限っていつまで?

プレゼントやおやつに大活躍の手作りのクッキー。子どもたちと一緒に作って食べるのもたのしいクッキーは、みんなの人気ものですよね。最近はかわいらしいデザインができるアイシングクッキーもはやっています。手作りくっきーには防腐剤や添加物も入れないので、小さなお子さんにも安心です。

作りすぎてしまいがちな手作りクッキー、作ったはいいけれど賞味期限はいつまで大丈夫なんでしょう?焼き菓子だから長持ちはしそうですが、どのように保存すればおいしく長く保存ができるのか、今回はそんな手作りクッキーの賞味期限と保存方法について紹介していきます。

お店のクッキーの賞味期限は長い

普段スーパーやコンビニで買うクッキーの賞味期限を気にしたことってありますか?市販クッキーの賞味期限は、数か月から1年が平均的。洋菓子店などのお菓子屋さんで販売されているものでも、およそ1か月程度はもつことが多いよう。

さらに、防災用に保存食として作られているクッキーは、5年以上の賞味期限があり、長期保存できるものがほとんどです。商品の種類や乾燥剤の有無、開封されているかいないか、保存温度など、保存環境によって前後はしますが、いずれにしても長期保存できる食べ物といえます。

手作りクッキーの賞味期限

手作りクッキーの場合、賞味期限はどのくらいなのでしょうか?一般的に言われているのは一週間程度で、常温保存でおいしい状態が保てるのは3日が目安です。

長く保存したい場合はシンプルクッキーを

市販品に比べるとやはり短い手作りクッキーの賞味期限。長くおいしく食べられるクッキーを作りたい場合は、シンプルなものがよいでしょう。また、保存時の水分、温度や湿度、日当たりなどの環境も関係してきます。

クッキーそのものに水分が少ない場合は、カビの発生を防ぎ日持ちすることができます。中にチョコやフルーツなど、水分が多く含まれるものが入っているもの、クッキーそのものがしっとりしてるタイプの場合は賞味期限が短くなります。

また、クッキーが水分を吸収しないようにするために湿度の低い環境で保存すると賞味期限を延ばすことができます。しっかりと密封して高温多湿と直射日光を避ければ一週間以上の保存も可能になります。

保存は常温で

クッキーは常温保存が可能なお菓子。焼き上げるときに高温になるので、カビや雑菌は死滅し、無菌に近い状態でできあがります。そのため、常温で保存しても傷みにくいのです。ただし、高温多湿、直射日光は避けて、風通しのいい涼しい場所で保存してくださいね。

湿度をさけるために、保存用の袋の空気はできるだけ抜いて、しっかり密封をします。乾燥剤と一緒に直射日光の当たらない涼しい場所に保存するとよりよいでしょう。乾燥剤がない場合は、未使用の紅茶のティーパックをそのまま一緒に入れておくと乾燥剤の代わりになり、香り付けにもなります。

手作りクッキーを長持ちさせるコツ

できるだけ早く食べた方がおいしいクッキーですが、少しでも長持ちさせてじっくりたのしみたいですよね。また、プレゼント用に用意するときも、せっかくなら長持ちするクッキーを渡したいもの。おいしい状態でクッキーを長持ちさせるコツを紹介します!

焼いた後はしっかり乾燥!

クッキーを長持ちさせるためには、水分もしっかり飛ばすことが大切です。クッキーの中に入っている水分は、焼かれた熱が冷めていくときに一緒に水蒸気として飛んでいきますので、焼きあがった後、水分が飛びやすい環境にすることが重要です。

クッキーの粗熱は、オーブンのプレートに置いたまま飛ばすと、クッキーの裏側に水分が残ってしまいますので、クッキーが焼きあがったら、まずは網の上にクッキーを置きましょう。このときの網の上にはオーブンシートなど置かず、クッキーが空気に触れやすい状態にしてください。

さらに、粗熱と水分が飛びやすいよううちわで軽く仰ぐのもよいですよ。これでクッキーの中に入っていた水分もしっかり飛んで、乾燥したクッキーが完成します。中に水分が残っていると、その水分が保存している間にクッキーの表面に出てきてしまい、カビや腐ってしまう原因にもなります。

真夏は冷蔵保存で

常温で保存ができるクッッキーですが、夏季の気温も湿度も高い環境の場合は、バターなどの油脂分は酸化してしまい、痛みやすくなる原因になりますので、冷蔵保存が長持ちします。冷蔵庫へ入れる際には、ジッパー付きの保存用袋へ入れて、しっかりと空気を抜き、乾燥剤を入れてから保存してくださいね。

食べるときに冷蔵庫から取り出したら、できるだけ早く風通しの良い環境に置いておいてください。冷たい場所から常温の場所へ移動させると、温度変化で結露が発生ししっけてしまうので注意してくださいね。

冷凍保存で長期保存

より長くクッキーを保存したい場合には冷凍してしまうとよいですよ。

冷凍保存の仕方

冷凍するときには、生地の状態で保存しましょう。焼いた後のクッキーを冷凍保存すると、クッキーの中の水分が凍ることで固まってしまい、解凍したときに湿気た状態になってしまいます。

保存期間

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

知っておこう!朝食で食べるといい食品10選

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

吉祥寺「氷屋ぴぃす」かき氷は夏だけではありません!

吉祥寺駅から徒歩3分ほどのところにある「氷屋ぴぃす」は名前の通りのかき氷屋さんです。たくさんの種類、期間限定の味、そして完成度の高い氷とシロップの数々にどの時期も人気があり、昨年オープンしたばかりですが既にフ…

ブームの予感?もちふわ「マシュマロパンケーキ」の作り方

生地に溶かしたマシュマロを混ぜて作ると甘みともちふわ感がでておいしくなると話題の「マシュマロパンケーキ」。今回はもちふわ食感の秘密や作り方、アレンジについてまとめました。とっても簡単なので朝ごはんにおやつに今…

脂肪を燃やす!ダイエットに効果的な「MCTオイル」っていったい何?

中鎖脂肪酸100%の「MCTオイル」を、食事に取り入れる人が増えているようです。食事にかけるだけで脂肪が効率的に減る・燃えるオイルとして、注目を集めています。今回は、そんなMCTオイルの効果や使い方、副作用の…

ページTOPに戻る