ローディング中

Loading...

年間通して安く買え、様々な料理に使えるピーマン。そんなピーマンの賞味期限をご存じですか?正しい保存方法は?購入時の目安は?今回は、毎日のおかずにもお弁当にも大活躍のピーマンを賢く、そして長く使うコツをまとめてみました。

ピーマンはいつまで食べられる?

6月から9月に旬を迎えるピーマン。夏野菜の代表とも言えるピーマンですが、最近では夏以外でも、九州などの暖かい地域でハウス栽培されたものが出回っています。一年中手に入り、しかも価格もリーズナブルということから、常に家にあるという方も多いのではないでしょうか。

そんなピーマン、皆さんはどのように保存していますか?買ってきてそのまま?冷凍庫?はたまた常温?

また、ピーマンはどんな状態になるまで食べられるのでしょうか。ピーマンが傷むとどうなるか、新鮮なピーマンはどのような状態なのか、という点についてもご紹介していきます。

栄養たっぷり、メインにもサブおかずにも大活躍するピーマンについて、ぜひ知っておいてください!

ピーマンの賞味期限と消費期限

まずは、ピーマンの一般的な「賞味期限」と「消費期限」についてです。似ているようで、実は全く意味が異なるこの2つの言葉、これを機会にぜひ違いを理解してくださいね。

賞味期限

食べ物を買う際に気にする賞味期限。賞味期限とは、安全性・味・風味などの品質が維持できて、なおかつおいしく食べられる期間を示しています。

しかし、ピーマンに限らず野菜には賞味期限の記載がありません。それは、未加工の生鮮食品には賞味期限の記載が義務付けられていないからです。野菜は保存する状態や季節によって腐るまでの期間が大きく変わります。そのため、一律で「〇月〇日まで」と記載することが難しいのです。賞味期限のない野菜は、次にご説明する消費期限を目安にして食べましょう。

消費期限

賞味期限とは、安全かつおいしく食べられる賞味期限に対し、安全に食べられる期限を示しています。つまり、安全ではあるけれど、おいしいとは限らないのです。

ピーマンの消費期限は保存状態によって前後しますが、1週間程度であれば腐らずに保存できます。冷凍保存すれば1か月ほど日持ちするため、すぐに食べない場合や長く楽しみたい時は冷凍庫内で保存しましょう。保存方法については後程ご紹介していきます。

ピーマンの包装には賞味期限も消費期限も明記されていない場合がほとんどです。正しい保存方法を知り、ピーマンを長くおいしく楽しみましょう!

ピーマンは常温で保存できる?

外はもちろん、家の中も温度は季節によって大きく変わります。また、同じキッチンの中でもガスコンロの近くと冷暗所では異なります。

【夏の保存】
ピーマンは常温で保存できる野菜ですが、あまり高い温度を好みません。温度が高すぎず、10度~14度程度を維持できる場所が良いようです。また、湿度にも弱いため、夏場は必ず冷蔵庫に入れて保存しましょう。

【冬の保存】
冬場は温度が低いので常温でも大丈夫!と思いがちですが、暖房があたる場所やガスコンロの近くは温度が上がりやすく、すぐに傷んでしまいます。涼しくて温度が一定な冷暗所では常温保存も可能ですが、なるべく冷蔵庫で保存するようにしましょう。

ピーマンは自分が発するエチレンガスで熟していきます。たくさんのピーマンを一緒に保存していると、他のピーマンの発するエチレンガスで成熟が進み傷みやすくなってしまいます。なるべく一つずつラップなどで包んでから保存すると、長期間新鮮な状態を保てますよ。

冷蔵保存について

野菜を買った際は、とりあえず冷蔵庫の野菜室に入れるという方も多いのではないでしょうか。野菜室は冷蔵室より温度と湿度が少しずつ高く設定されています。これにより、野菜は低温障害を起こさず長持ちすることができるのです。

ピーマンは冷暗所での保存が適しているとお伝えしましたが、温度が低すぎるとしなびてしまいます。冷蔵庫で保存する場合は、温度が高めの野菜室に入れるようにしましょう。

また、ピーマンに水分が付着したまま冷凍すると、食感が損なわれてしまいます。水滴が付いている場合は、よく水分を拭き取ってから野菜室に入れるのが長く保存するコツです。

保存期間

冷蔵庫で保存したピーマンは、一週間程度であればおいしく食べられます。緑色をしているピーマンは長期間保存すると、赤や黄色に変色していきます。これは熟してきた合図で、腐ってはいないので食べられます。

1週間以上経過し、しわしわになってしまったり、色が黒ずんできたりした場合は食べ頃が過ぎたと思って良いでしょう。いずれにしても、保存期間はあくまで目安ですので、必ず食べる際は見た目やニオイを確認してくださいね。

冷凍保存について

ピーマンは生のまま冷凍保存が可能な食材です。

まず冷凍前にひと手間下ごしらえが必要ですが、このひと手間を加えるだけで長期的に保存が可能になり、買い溜めしておくこともできです。

まず、ピーマンは中の種と白いワタから傷んでいくので、切ってから種とワタを取り除きます。この下ごしらえがピーマンの劣化を遅らせ、そして調理するときに包丁を使わず簡単に調理できるようになります。冷凍保存する場合も、ピーマンに付いている水分はよく拭き取りましょう。水分が付着しているとしんなりしやすくなってしまいます。

冷凍庫に入れる際は、調理に使う量をラップで包み、ジップ付きのフリーザーバッグなどに入れます。なるべく空気を抜いてから冷凍庫に入れると長持ちします。また、冷凍ピーマンを使う際は、解凍せずそのまま調理しましょう。

冷凍したピーマンは解凍すると中の水分が出ていってしまい、水分と一緒に旨みも逃げます。一回量ずつ切ってから冷凍すると時短にもつながるので、朝の忙しい時間にもピーマンを使った料理が簡単に作れますね。

保存期間

ピーマンに限らず、食材は冷蔵庫で保存するより冷凍した方が長持ちします。しかし、冷凍保存していても少しずつ品質は劣化していきます。ピーマンを冷凍保存した場合は、1か月を目途に使い切るようにしましょう。

しわしわになったピーマンは食べられる?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【表参道】オニオングラタンスープ専門店「あわたまスタンド」

オニオングランスープなんてもうみんな大好きなスープじゃないですか。冬の寒いシーズンはスープであったまろう。そんなシーズンに新しいお店が表参道にできたみたいです♪週末、デートやお友達、家族と”オニグラ”スープを…

オーダーメイドで♩原宿『ジップザップ』の似顔絵ケーキがそっくり!

原宿に佇むカフェ『ジップザップ(ZIPZAP)』の無骨なおじさまパティシエによるデコレーションケーキがとてもかわいいと評判なんです。リクエストに忠実に応えてくれるので、送った人も受け取った人も喜ぶこと間違いな…

【東京】チョコレート専門店カフェ8選

東京に出店している世界の有名チョコレート専門店のカフェをまとめました。

恵比寿の人気「餃子屋」11選!安いうまいのおすすめ店をチェック

恵比寿エリアは知る人ぞ知る餃子の激戦区。そんな人気エリアの「えびす」で食べたくなったらさくっと行ける、安くてウマイ、おすすめのお店をまとめました。ランチ、テイクアウト、食べ放題に対応したお店を一気に11店舗ご…

食べ放題も個室もランチにだって!新宿で人気の焼き肉店15選

有名店の焼き肉屋が集まる街、新宿。今回その中でもおすすめ店を厳選してご紹介します!デートにぴったりな個室のあるお店やお腹いっぱい楽しめる安いお店まで、シーン別に選べるお店を豊富に揃えました。ディナーはもちろん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

男ならワイルドに焼いてガッツリ食うべきBBQの食材『10』選

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

知っておこう!朝食で食べるといい食品10選

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

利休や司だけじゃない!仙台の牛タンがおいしいおすすめ店11選

仙台に行ったなら、やっぱりおいしい牛タンをお腹いっぱい食べたい!そこで今回は利休や司、閣はもちろん、その他の隠れた牛タンの名店を11店ご紹介します。お土産販売をしているお店もあるので、名店の味をご自宅でも楽し…

明太子好きなら行くでしょ!大洗めんたいパークで明太子工場見学

茨城県大洗市にある「かねふくめんたいパーク大洗」は明太子のテーマパーク。明太子作りの工場見学やできたて明太子の直販、その場で作ってくれる試食が楽しめる明太子パラダイスだ! 入場料無料(๑╹ڡ╹๑)

チョコの雪崩が起きたぞ!ドゥバイヨルのスイーツ「アヴァランシュ」が斬新すぎ!!

2014年3月18日から発売されているドゥバイヨル丸の内オアゾ店の新作スイーツ「アヴァランシュ」の人気が止まりません! このスイーツ、他のスイーツと決定的に違うのはその食べ方。その様、まさに不可避のチョコの雪…

ページTOPに戻る