なぜかチョコなのに白い…ホワイトチョコの原料って謎すぎない?

濃厚な甘みのホワイトチョコレート。なぜホワイトチョコレートは白色なのでしょうか。原料のせい?何か別の理由?一般的なチョコレートと何が違うのでしょうか。今回は、そんなホワイトチョコレートについてまとめてみました。

2017年11月17日 更新

濃厚!クリーミーなホワイトチョコレート

ティータイムやリラックスタイムはもちろん、集中力を高めたい時などに欠かせないチョコレート。特に、バレンタインの季節にはテレビや雑誌などでも様々なチョコレートを目にする機会が増え、余計に食べたくなってしまいますよね。
なかでも、濃厚な甘みとクリーミーな質感が人気のホワイトチョコレートは好きな女性も多いのでは?通常のチョコレートと一緒に製菓コーナーには必ずと言っていいほど置かれていますよね?チョコレートを手作りする際は、ホワイトチョコレートを混ぜることによって味がまろやかになったり、見た目も黒と白のコントラストで華やかになったりと、チョコレートに負けず使われる機会も多いでしょう。
しかし、そのホワイトチョコレートがなぜ白いのかを知っているでしょうか?同じくあの茶色いカカオから作られているはずなのに、普通のチョコレートとは何が違うのでしょうか。今回は、そんなホワイトチョコレートの実態のお話です。

ホワイトチョコレートが白い理由

ホワイトチョコレートの原料

ホワイトチョコレートは、「ココアバター」「砂糖」「ミルク」を元に作られています。この材料は普通のチョコレートと同じなのです。それなのになぜ、ホワイトチョコレートはあれほどきれいな白色をしているのでしょうか。

カカオの色ではない理由とは

ホワイトチョコレートが普通のチョコレートとは異なり真っ白な理由は、カカオの使用方法にあります。ホワイトチョコレートは、製造工程においてココアバターからチョコレートの特徴とも言える苦み成分である「カカオマス」を除去しています。カカオマスとは、チョコレートの原料となるカカオ豆を、発酵→乾燥→焙煎→砕く→冷やす→固めるという一連の工程の中できたもののことをいいます。
一般的なチョコレートの場合はこのカカオマスに砂糖やミルクを加えて作るため、甘さの中にも程よい苦みが感じられますよね。

ホワイトチョコレートは、カカオマスを取り除いてしまうのです。
なので苦みの元となるカカオマスは使用せず、ココアバターに残りの材料を加えることによって作られるのです。つまり、ホワイトチョコレートとは、特有の材料から作られているわけではなく、チョコレートを作る製造途中でホワイトチョコレートに限った作り方によってできたものだったのです。白い理由は、苦みやチョコレートの色のもととなるカカオマスが入っていないことが理由というわけです。

カカオマスが入っていないのにチョコレート?

チョコレートの色と苦みのもととなっているカカオマス。ホワイトチョコレートには、このカカオマスが含まれていないとのことですが、果たしてそれでもチョコレートと呼べるのでしょうか。
日本のチョコレートは、公正取引委員会によって「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」という決まりがあるのです。

それによると、カカオ成分が35%以上含まれているものとされています。カカオ成分とは、カカオマスとココアバターによって構成されているもののことで、これらの合計が35%を超えていれば、その配分にかかわらずチョコレートになります。
つまり、カカオマスが0%でも、ココアバターが35%以上ですとチョコレートとなるのです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう